コミュ commu 京都発!土山印刷のWebマガジン

京都歳時記 京都でおでかけ! はんなりスポット

2007.04.10
Back number
バックナンバーを読む
京都歳時記 京都でおでかけ! はんなりスポット:コミュ commu 京都発!土山印刷のWebマガジン

伏見稲荷大社水口播種祭(みなくちはしゅさい)4月12日(木)午前11時〜

稲の充実した生育と豊作を願って行われる日本古来の伝統的なお祭りを体験しよう。

正月三が日、初詣に訪れた人の数が全国で4位、関西ではトップの270万人(2007年警察庁まとめ)という伏見稲荷大社。全国に約3万社あるといわれる稲荷神社の総本宮で、和銅4年(711年)、稲荷山に大神様が鎮座されたのが始まりとか。商売繁盛をはじめ五穀豊穣や家内安全、交通安全などの守護神としても信仰を集めています。

大鳥居をくぐると、豊臣秀吉が寄進したと伝えられる朱塗りの楼門があり、本殿(重要文化財)は明応8年(1499年)の再興。また、本殿から稲荷山へと連なる朱塗りの「千本鳥居」が壮観です。この参道のいくつもの神蹟を巡拝する「お山めぐり」は約4kmの道のりで、ハイキング気分が味わえます。

4月12日に行われる「水口播種祭」は、稲荷大神に稲の充実した生育と豊作を祈る神事。神前に籾だねを供えて祭典が行われ、続いて神田に移動し神楽の演奏の中で 約20人の氏子がすげ笠にはかま姿で神田に入り、籾たねを蒔くというもの。ここで育った苗は、6月に田植祭(たうえさい)で植えられ、10月の抜穂祭(ぬきほさい)で刈り取り。そして、11月の新嘗祭(にいなめさい)で、神様に供えられます。米を主食とする日本ならではの伝統的なお祭りをぜひ体験してみては。

このほか、4月22日の神幸祭から5月3日還幸祭までの「稲荷祭」は、平安時代から続いている同大社最大の祭礼。春の暖かい日差しに誘われて、出かけてみませんか。

住所 京都市伏見区深草薮之内町68
TEL

075-641-7331

URL http://inari.jp
交通

JR奈良線・稲荷駅からすぐ

京阪本線・伏見稲荷駅徒歩5分

拝観時間

随時。授与所は7時30分〜6時。

祈祷受付は午前8時30分〜午後4時。

拝観料

境内自由。

pagetop
コミュ commu 京都発!土山印刷のWebマガジン 土山印刷株式会社WEBサイトへリンク お問い合せ