コミュ commu 京都発!土山印刷のWebマガジン

特集 めざすフルデジタルワークフローの形 土山印刷で構築しようとしているフルデジタルワークフローの形は顧客ニーズに対応するための取り組み
Back number
バックナンバーを読む

特集 めざすフルデジタルワークフローの形 土山印刷で構築しようとしているフルデジタルワークフローの形は顧客ニーズに対応するための取り組み

製造本部 次長 高橋敬一
製造本部 次長 高橋敬一
プリプレス 1特集 めざすフルデジタルワークフローの形 土山印刷で構築しようとしているフルデジタルワークフローの形は顧客ニーズに対応するための取り組み 2特集 ノベルティ商品の提案、開発 商品開発は情報収集がカギ。 土山印刷発でユニークな提案を 3特集 最新システムに対応! デザイン関連の最新アプリケーションを導入。入稿、検版などの新システムも視野に。 4特集 土山印刷のCTP デジタル刷版が主流となって工程が短縮し、納期までの作業スピードが格段にアップ!現像の確実性も高まって品質を確保 5特集 カラージーニアスについて RGB画像を最適なCMYKデータに変換。調整が容易になって品質も安定。 6特集 CMSを完成させよう 製版から印刷まで一貫したCMS(カラーマネジメントシステム)を構築しています 7特集 組版、バーコード作成に正確さを追求 何百店という価格の差し替えでも素早く対応。バーコード作成にも正確さを重視しています。 8特集 土山印刷の検版システム 最高6回の検版は各担当で責任をもって実施。デジタル検版も取り入れて精度を追求しています。 9特集 高品位印刷への取り組み〜FMスクリーン、高精細印刷、広演色印刷〜 京都で営業する印刷会社として高い技術力で作った高品質の印刷物の提供をめざし、さらに努力を続けます。 10特集 最新技術を駆使し誠実にものづくりを追求 高品位印刷、Webとの組み合わせなど品質管理を徹底しながら、お客様への提案や新商品の開発を目指します。 11特集 クロスメディアセンター(1) デジタル関連部門をワンフロアに集約。お客様の多種多様なニーズに対応できるクロスメディアセンターを目指します。 12特集 高品位印刷のためのDTPノウハウと事例 最新の印刷機を導入以来取り組んでいるFMスクリーン印刷。品質を安定させるための数々の試みを行っています。
プリプレス 13特集 データの不具合とその解決法 作字 印刷物の制作では旧字体の使用も不可欠。フォントに含まれていない場合は、独自で「作字」して対応してきました。 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24

昨年末から5つの取り組みをスタート
将来的にはクロスメディアセンターへ

製造本部 次長 高橋敬一

当社でDTPデータを扱っているのは、デザイングループ、制作グループ、そして製版課の3部署です。それぞれの部署が独立し、責任を持って仕事をしていますが、業務フローは部署ごとにルールが異なる部分があり、デザイングループが作成したデータを、後工程である制作グループや製版課で受け取って業務を行う際に、不合理が起きる場合があります。またその不合理を認識できず、改善を行うことができない場合も。またOSやDTPソフト、フォントなどの統一性が取れていないために、文字化けなどの事故に繋がる可能性があるという現状でした。また、今後印刷会社のデジタルを扱う部署は、ペーパーだけでなくCD、DVD、Webなど多様なメディア、いわゆるクロスメディアへの対応が必要です。さらに品質に特化した特殊印刷や、特殊加工の需要も増えると予想されます。現在のように各部署が統一性のない業務フローやシステムの環境で作業をしていては、将来的にお客様のニーズに対応することが不可能になるのが予想されました。

そこで当社は、顧客のニーズを正確に把握して、製品の品質設計をデザインや企画の段階から行える組織づくりをめざし、昨年末から下記のような取り組みを始めたのです。デジタルを扱う上での基礎的なことを社内で構築し、フルデジタルワークフローの確立を最初の目標に。これを中間点として、いろいろなメディアに対応できるクロスメディアセンターづくりを最終目標としています。

フルデジタルワークフロー構築のため
昨年末から始めた具体的な取り組み
  • 1. デザインから製版、そして印刷までのワークフローの確立
  • 2. データの保管と管理に関するワークフローの確立
  • 3. データベースシステムの構築
  • 4. 製版と印刷間のカラーマネジメントの確立
  • 5. 組版システムの構築
製造本部 次長 高橋敬一

このうち、1と2のワークフローの確立は、月に1回のミーティングや個々の話し合いで進行しています。幸い昨年新社屋に移ってからは、3部署がワンフロアに集まっているので、日頃のコミュニケーションがとりやすくなりました。4のカラーマネジメントは、色を合わせることについて一定のものは完成しましたが、さらに向上させていこうと考えています。3のデータベースと5の組版システムについては、個々に話し合いや提案をもらいながら徐々に進めているという段階です。

今後は来夏までに細かなスケジュールを立て、フルデジタルワークフローの構築に努めます。そのためにはルールブックづくりや、ワークフローのマネジメントをする人材育成も必要でしょう。また、製造部門の効率化や品質向上について、営業担当にどうフィードバックしていくかも考えているところです。これらのことが最終の目標である、クロスメディアセンターになるための基礎づくりと考えて、日々取り組みを続けていきます。

pagetop
コミュ commu 京都発!土山印刷のWebマガジン 土山印刷株式会社WEBサイトへリンク お問い合せ