コミュ commu 京都発!土山印刷のWebマガジン

京都歳時記 京都でおでかけ! はんなりスポット

2007.05.01
Back number
バックナンバーを読む
京都歳時記 京都でおでかけ! はんなりスポット:コミュ commu 京都発!土山印刷のWebマガジン

京都御所〜下鴨神社〜上賀茂神社 葵祭(あおいまつり) 5月15日(火) ※雨天順延

京都三大祭のひとつ新緑に映える優雅な王朝絵巻

祇園祭(7月)、時代祭(10月)と並んで京都の三大祭に数えられる「葵祭」の起源は約1400年前にさかのぼります。欽明天皇(540〜572年)の時代に度重なる風水害によって農作物が実らず疫病も蔓延したため、その原因を当時の賀茂の大神の崇拝者に占わせたところ賀茂の神々の祟りであるといわれ、天皇の命により馬に鈴をかけ、人が面をかぶって駆け比べをするなどの豊穣祈願の祭礼をとりおこなったところ、風雨はおさまり、作物も豊かに実ったことが由来です。800年代には朝廷の律令制度として国家的行事になったことで、全国でも数少ない王朝風俗を今に伝える伝統行事として優雅な姿を残しています。

見どころは「路頭の儀」と呼ばれる、勅使や検非違使、内蔵使といった当時の平安貴族の衣装をまとった総勢500人を超える大行列。中でも、毎年京都市在住の未婚女性から選ばれる「斉王代」はひときわ華やかな衣装と美しさで注目されます。今年の斉王代は森川香絵さんで、母娘2代にわたって斉王代をつとめることも話題です。

行列は京都御所をスタート地点に約8キロの道のりを巡行。下鴨神社で舞の奉納や神馬の引き回しなど「社頭の儀」を執り行なったのち、上賀茂神社へ向かいます。

新緑がみずみずしい5月、ゆったりと流れる雅びな時間に身をゆだねに出かけてみてください。

順路と
予定時刻
京都御所出発(10時30分)→丸太町通→河原町通→下鴨神社到着(11時40分)・下鴨神社出発(14時20分)→下鴨本通→北大路通→上賀茂神社到着(15時30分)*有料観覧席あり
問い合わせ

京都市観光協会 075-752-0227

URL http://www.kyokanko.or.jp
pagetop
コミュ commu 京都発!土山印刷のWebマガジン 土山印刷株式会社WEBサイトへリンク お問い合せ