コミュ commu 京都発!土山印刷のWebマガジン

特集 デジタルワークフローの確立をめざし全体ミーティングを実施 デザイン・制作チームと製版がワンフロアーになって連携を強化。
Back number
バックナンバーを読む

特集 デジタルワークフローの確立をめざし全体ミーティングを実施 デザイン・制作チームと製版がワンフロアーになって連携を強化。

ソリューションサービス部 総合デザインチーム係長 小泉 峰子
ソリューションサービス部 総合デザインチーム係長 小泉 峰子/デジタル製版課 係長 山本 啓之
プリプレス 1特集 めざすフルデジタルワークフローの形 土山印刷で構築しようとしているフルデジタルワークフローの形は顧客ニーズに対応するための取り組み 2特集 ノベルティ商品の提案、開発 商品開発は情報収集がカギ。 土山印刷発でユニークな提案を 3特集 最新システムに対応! デザイン関連の最新アプリケーションを導入。入稿、検版などの新システムも視野に。 4特集 土山印刷のCTP デジタル刷版が主流となって工程が短縮し、納期までの作業スピードが格段にアップ!現像の確実性も高まって品質を確保 5特集 カラージーニアスについて RGB画像を最適なCMYKデータに変換。調整が容易になって品質も安定。 6特集 CMSを完成させよう 製版から印刷まで一貫したCMS(カラーマネジメントシステム)を構築しています 7特集 組版、バーコード作成に正確さを追求 何百店という価格の差し替えでも素早く対応。バーコード作成にも正確さを重視しています。 8特集 土山印刷の検版システム 最高6回の検版は各担当で責任をもって実施。デジタル検版も取り入れて精度を追求しています。 9特集 高品位印刷への取り組み〜FMスクリーン、高精細印刷、広演色印刷〜 京都で営業する印刷会社として高い技術力で作った高品質の印刷物の提供をめざし、さらに努力を続けます。 10特集 最新技術を駆使し誠実にものづくりを追求 高品位印刷、Webとの組み合わせなど品質管理を徹底しながら、お客様への提案や新商品の開発を目指します。 11特集 クロスメディアセンター(1) デジタル関連部門をワンフロアに集約。お客様の多種多様なニーズに対応できるクロスメディアセンターを目指します。 12特集 高品位印刷のためのDTPノウハウと事例 最新の印刷機を導入以来取り組んでいるFMスクリーン印刷。品質を安定させるための数々の試みを行っています。
プリプレス 13特集 データの不具合とその解決法 作字 印刷物の制作では旧字体の使用も不可欠。フォントに含まれていない場合は、独自で「作字」して対応してきました。 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24

段階的に新ルールを運用。円滑なコミュニケーションで職場全体も活性化

ソリューションサービス部 総合デザインチーム係長 小泉 峰子

印刷前のデザイン〜DTP〜製版工程では、それぞれの担当間でデータのやりとりが日常的に行われますが、それぞれの作業の特性上、次の工程で不具合が生じる場合があります。

土山印刷では、2006年の新社屋移転時に「デザイン」「制作」「製版」のデジタルデータを扱う3つの部署が同じフロアになったことを機に、部署の枠を超えた全員ミーティングをもち、問題点や課題を解決していく取り組みを始めました。

たとえば、今までは製版時に使用したデータを最終データとして1つしか保管をしていなかったため、製版データがアウトライン化されていた場合、再版時の内容修正に時間がかかり、作業効率が悪くなっていました。

製版担当者にとってアウトラインデータを使用する方が文字化けなどが起こるリスクがなくなるので良いのですが、各部署のリスクと作業効率を考えて出した結論が「アウトラインを掛けたデータ」と「使用フォントを添付し、アウトラインを掛けないデータ」の2つをデータアップし、製版時にどちらを使用したとしても、両方とも最終データとして残すということにしました。

また、データのやりとりをMOで行うと、場合によってはMOが開かないなどの危険性がありましたが、これを共有サーバー上で行うことで安全にデータを使用でき、円滑に作業がすすめられるようになりました。

以前はそれぞれの部署内で独自のルールをもっており、全体の流れで捉える「ワークフロー」の視点が欠けていましたが、今年1月に行った第1回目のミーティングでは事前アンケートで多くの意見が集まり、素早い対応で上記のような改善が実現しました。

全員ミーティングの流れ
  • a.. 1. アンケートによる課題抽出
  • b.. 2. 全員もしくはオペレーターごとのミーティングで仮ルール作成
  • c.. 3. 試用期間を決めて仮ルールを運用
  • d.. 4. 仮ルールの試用結果をうけて本ルール決定(全員ミーティング)
  • e.. 5. マニュアル作成
photo

このミーティングをスタートしたことをきっかけにオペレーター同士が専門的な情報などを交換するミーティングを自主的にはじめるなど、さまざまな面でコミュニケーションが活発になり、業務の効率化だけでなく職場全体の活性化にもつながっています。

今後は全員ミーティングを定期化し、外注先の協力業者様にもこの輪を広げていきたいと思います。

pagetop
コミュ commu 京都発!土山印刷のWebマガジン 土山印刷株式会社WEBサイトへリンク お問い合せ