コミュ commu 京都発!土山印刷のWebマガジン

特集 ノベルティ商品の提案、開発 商品開発は情報収集がカギ。土山印刷発でユニークな提案を
Back number
バックナンバーを読む

特集 ノベルティ商品の提案、開発 商品開発は情報収集がカギ。土山印刷発でユニークな提案を

営業本部 ソリューションサービス部 商品開発チーム 次長 林 祐司
営業本部 ソリューションサービス部 商品開発チーム 次長 林 祐司
企画・制作 1特集 ウェブと印刷のコラボレーション ウェブと印刷の製作工程の違い。 データを組み立て記事にしていくプロセスは同じ・・・ 2特集 めざすフルデジタルワークフローの形 土山印刷で構築しようとしているフルデジタルワークフローの形は顧客ニーズに対応するための取り組み 3特集 ウェブと印刷物は一緒につくると効率的 企画〜編集の要素と流れは同じ。媒体の特長を生かして、目的に合ったアプローチを 4特集 ウェブ制作の現場 印刷のノウハウがあるからこそウェブの特性を引き出すサイトを提案できる。 5特集 多種多様のノベルティ業界 膨大な選択肢の中から“半歩先”を見据えて提案。アタマをやわらかくしてアイデアを練っています。 6特集 SEOの本質 XHTML+CCSによる確かなコーディングでサイトを構築し検索エンジンの上位に。 7特集 プリントプリウス インターネットでの印刷受注【印刷戦士!プリントプリウス】土山印刷の100%出資子会社として発足しました。 8特集 流し込みシステムの構築 カタログに掲載する商品イラストで数種類の着色作業と配置を自動的に行うシステムが完成しました。 9特集 デジタルブックの可能性 Web上で一般的になったデジタルブック。デザイン技術を活かして展開できるのが制作会社側のメリットといえます。 10特集 品質と技術力を背景に「クロスメディア+α」の提案を 土山品質に新たな価値創造を。お客様の企業課題を解決する企画提案を積極的に行っていきます。 11特集 印刷とWebを連動して最適な企画提案を行う 自社の伝統とノウハウを活かし外部ブレーンの方々とも協力しながら「クロスメディア+α」を推進します。 12特集 クロスメディア+αの実践 コミュニケーション戦略を図る立体的な提案に向けて
企画・制作 13特集 企画営業提案の実践 お客様の目的を達成するための最高の手段を選び、私たちがカタチに。企画から印刷までトータルでお任せいただけます。 14特集 ホームページコンテスト 中小企業のためのホームページコンテストで弊社は佳作をいただきました。今回は表彰式とともに行われた「ウェブトレンドセミナー」をレポートします。 15特集 新規営業の取り組み 初めてお会いするお客様にご好評をいただいている「Web診断サービス」。Webの改善はもちろん、印刷物などの受注にもつながっています。 16特集 プライバシーマーク取得 お客様にご安心いただくために、プライバシーマークを取得しました。これまで以上に社員一人ひとりの意識を高め、適切に情報を管理していきます。 17 18 19 20 21 22 23 24

RoHS指令にいち早く対応。ノベルティ商品のバリエーションに幅

ソリューションサービス部は、特殊印刷のほかにノベルティグッズの制作などを担当し、ある意味で一般的な印刷会社のイメージを越える幅広い事業を手がけています。

そのために、新しい情報や動きをいち早くキャッチするべく、日頃からいろいろな方面にアンテナを張っています。

みなさんは「RoHS指令」という言葉をご存知でしょうか。RoHSとは「Restriction of the use of certain Hazardous Substances in Electrical and
Electronic Equipment」の略で、欧州(EU)市場の全電子器材製品で特定の危険物質の使用を禁止するものです。2006年7月より適用されており、ヨーロッパを市場にもつ日本のエレクトロニクス業界やIT産業が敏感に反応しています。

「RoHS指令」を知ったきっかけは、大手精密機器メーカー様からノベルティ商品の作成を依頼され、パソコン用のホコリとりブラシを提案させていただいたことでした。一旦は先方に受け入れられたのですが、材料に「RoHS指令」の対象となる臭素が入っていることが判明したため、急きょ対象物質を含まない商品に変更するよう指示を受け、結果的に「RoHS指令」に対応したリストレスト(マウスを使う手首の疲労を予防するパッド)を納入しました。その後、大手電機メーカーの子会社様からノベルティの提案を求められたときも、「RoHS指令」への対応が条件でした。

日本国内ではこの規制が及びませんが、企業イメージやブランディングの側面からみると「RoHS指令」に対応しておくことはプラスにこそなれ、マイナスになることはありません。最近は報道などにより日本でも少しずつ認知されてきているようですが、まだ知らない企業様も多く、今後はこちらから「RoHS指令」対応を働きかけていこうと考えています。

ノベルティの提案は「どんなことを依頼されても対応する」のがモットーで、『ちょっとした差別化』を常に考えています。実際の着地点はコスト面やお客様の最終的な判断で変わることがありますが、この「常に考えて提案する」ということが重要だと思っています。当社のオリジナルで、ポリオレフィン素材を使ったチャック付き7色刷りのファイルなどは環境にもやさしく、大変好評をいただいています。このように付加価値の高い、喜ばれる商品をこれからもどんどん開発していきたいですね。

営業本部 ソリューションサービス部 商品開発チーム 次長 林 祐司
photo2
photo3
photo4
pagetop
コミュ commu 京都発!土山印刷のWebマガジン 土山印刷株式会社WEBサイトへリンク お問い合せ