コミュ commu 京都発!土山印刷のWebマガジン

特集 最新システムに対応! デザイン関連の最新アプリケーションを導入。入稿、検版などの新システムも視野に。
Back number
バックナンバーを読む

特集 最新システムに対応! デザイン関連の最新アプリケーションを導入。入稿、検版などの新システムも視野に。

ソリューションサービス部 総合デザインチームDTPディレクター 後藤 邦彦
ソリューションサービス部 総合デザインチームDTPディレクター 後藤 邦彦/営業本部ソリューションサービス部
ネットワークソリューションT 勝倉 康行
プリプレス 1特集 めざすフルデジタルワークフローの形 土山印刷で構築しようとしているフルデジタルワークフローの形は顧客ニーズに対応するための取り組み 2特集 ノベルティ商品の提案、開発 商品開発は情報収集がカギ。 土山印刷発でユニークな提案を 3特集 最新システムに対応! デザイン関連の最新アプリケーションを導入。入稿、検版などの新システムも視野に。 4特集 土山印刷のCTP デジタル刷版が主流となって工程が短縮し、納期までの作業スピードが格段にアップ!現像の確実性も高まって品質を確保 5特集 カラージーニアスについて RGB画像を最適なCMYKデータに変換。調整が容易になって品質も安定。 6特集 CMSを完成させよう 製版から印刷まで一貫したCMS(カラーマネジメントシステム)を構築しています 7特集 組版、バーコード作成に正確さを追求 何百店という価格の差し替えでも素早く対応。バーコード作成にも正確さを重視しています。 8特集 土山印刷の検版システム 最高6回の検版は各担当で責任をもって実施。デジタル検版も取り入れて精度を追求しています。 9特集 高品位印刷への取り組み〜FMスクリーン、高精細印刷、広演色印刷〜 京都で営業する印刷会社として高い技術力で作った高品質の印刷物の提供をめざし、さらに努力を続けます。 10特集 最新技術を駆使し誠実にものづくりを追求 高品位印刷、Webとの組み合わせなど品質管理を徹底しながら、お客様への提案や新商品の開発を目指します。 11特集 クロスメディアセンター(1) デジタル関連部門をワンフロアに集約。お客様の多種多様なニーズに対応できるクロスメディアセンターを目指します。 12特集 高品位印刷のためのDTPノウハウと事例 最新の印刷機を導入以来取り組んでいるFMスクリーン印刷。品質を安定させるための数々の試みを行っています。
プリプレス 13特集 データの不具合とその解決法 作字 印刷物の制作では旧字体の使用も不可欠。フォントに含まれていない場合は、独自で「作字」して対応してきました。 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24

最新アプリケーションにも柔軟に対応。ソフトを充実させ、スキルアップをはかることでお客様の要求に応えます!

写真:Adobe InDesign CS2_J
写真:総合デザインチームの制作現場
写真:総合デザインチームの作業風景

弊社総合デザインチームでは、DTPソフトの進化に対応していくために日頃から勉強を重ねています。約半年前よりG5の導入を始め、続いてAdobe Creative suite2を導入。それに伴って最新バージョンのシステムを構築し、従来のアプリケーションはもちろん、最新アプリケーションまで幅広く対応をしています。

例えば、Illustratorではバージョン5〜CS2まで受け入れ可能です。当然ながらデザインから製版まで統一された体制が整っておりますので、スムーズな流れで印刷物を迅速にご提供させていただいておりますし、印刷物の中で最も重要な『文字・フォント』につきましても、モリサワのパスポートを導入することで200種以上の書体に対応をしています。

ソフトウェアの充実以外にも、新社屋に移転してからはデザイン、制作、製版、CTPが同じフロアで作業ができる環境を整え、社内でのちょっとしたトラブルもすぐに情報共有して今後の対策や社内ルールづくりのために活かせることがオペレーターのレベルアップにもつながっています。

DTPの世界ではMacintoshがスタンダードなのですが、そのMacOSのバージョンであるOS9が長らく業界の標準であったため、印刷物を作成するソフトも90年代のものが今でも広く使用されているというのがDTP業界の実情です。

しかし、特にデザイン・制作会社のお客さまからは『新しいアプリケーションの便利な機能を使いたい』『最新のWEBとの連携をスムーズにさせたい』というような要望が多くあり、そのようなニーズにお答えするため、新しいシステムの導入に積極的に取り組むことにしました。

このような取り組みの結果として、デザイン会社のお客さまから

「今までは文字や図版などに文字にドロップシャドウをかけるのにわざわざPhotoshopにデータを移行させて作業してましたが、今ではそういった作業もIllustrator CS2だけで解決でき、制作時間が大幅に短縮されました。」
「QuarkXpressは欧文がベースになっているため、今までは組版するのに大幅に時間がかかっていましたが、InDesignの導入によって、きれいな日本語を簡単に組めるようになりました。」
「モリサワのパスポートを導入されているのでモリサワの書体をすべて活用でき、デザインの幅が増えました。」

等のうれしい感想をたくさん頂いております。

営業本部ソリューションサービス部ネットワークソリューションT 勝倉 康行
写真:制作部門の作業風景

また、制作部門ではお客様より頂きましたCSVデータを元に自動で組版をする仕組みを利用して、チラシ発行の直前まで変更されるプライス(価格表示)部分にも迅速に対応したり、製版部門では、近年高まりつつあるPDF入稿対応の研究を日々かさねており、PDFでの入稿などにもお応えできる仕組みを構築する計画をしています。

当然、このように最新の環境を整えましても問題がすべて無くなったわけではなく、データベース管理や情報の共有など、これから取り組んでいくべき課題もたくさんあります。

印刷業界は新しいものを取り入れることに慎重になる傾向がありますが、弊社では品質やサービスの向上につながるシステムやソフトを今後も積極的に取り入れ、新たなチャレンジを続けていきます!

pagetop
コミュ commu 京都発!土山印刷のWebマガジン 土山印刷株式会社WEBサイトへリンク お問い合せ