コミュ commu 京都発!土山印刷のWebマガジン

京都歳時記 京都でおでかけ! はんなりスポット

2007.07.01
Back number
バックナンバーを読む
京都歳時記 京都でおでかけ! はんなりスポット:コミュ commu 京都発!土山印刷のWebマガジン

八坂神社(他 京都市内各所)祇園祭 宵山・山鉾巡行 7月1日(日)〜7月31日(火)

夏の京都は“エネルギッシュ”1100年の伝統ある多彩な祭事が繰り広げる一カ月間

祇園祭は八坂神社の祭礼で、毎年7月1日の吉符入りから31日の疫神社夏越祭まで、1カ月に渡り京都市内の中心部や八坂神社(東山区)で行われる日本三大祭の一つ、山鉾巡行(17日)をはじめ多彩な祭事が繰り広げられます。

1100年もの伝統ある祇園祭は、平安時代前期の貞観11年(869)に、京の都をはじめ日本各地で疫病が流行した際、広大な庭園だった神泉苑(中京区)に、当時の国の数と同じ66本の鉾を立て、祇園の神(スサノオノミコト)らを迎え災厄が取り除かれるよう祈ったことが始まりとされています。

桃山時代から江戸時代にかけて、ほぼ今の形になり、舶来のタペストリーや西陣織などの懸装品を飾る山鉾はその豪華さゆえに、「動く美術館」とも呼ばれています。

一カ月にわたる祇園祭のクライマックスといわれるのは15・16日の「宵々山」「宵山」、そして17日の「山鉾巡行」。鉾巡行は7月17日9時スタートで、毎年順番は「くじ」によって決まりますが、長刀鉾は毎年トップと決まっています。鉾建ての完成した鉾は巡行当日と同じ盛装で音頭取・囃子方が乗り込み町内を試し曳きします。この曳き始めで綱を引くと一年間の厄除けになるといわれ、女性や子供はこの時だけ曳き手になることが許されます。

大迫力の“動く美術館”山鉾は最大のもので高さ25m・重さ12トンという大きさ。方向転換や回転は一筋縄にはいかず、割竹を車輪の前にたくさん敷いて水をかけ、掛け声と供に一気にすべらせて回わします。そのシーンは見物していても一体感を味わえる瞬間でもあります。

また、京都の夏と言えば忘れてはいけないのが「鱧」。祇園祭は別名鱧祭とも言われています。夏場に海から生きた魚を京都まで運ぶため、生命力の強い魚が必要でした。それが鱧だったようで京都では大変重宝がられ鱧の生命力にあやかって「鱧祭」と言われています。

京都の暑い夏を感じるには歴史深い「祇園祭」と「鱧」は欠かせないようです。

期間 7月1日(日)〜7月31日(火)
山鉾巡行 7/17 10:00〜
宵山 7/13〜7/16
交通 京阪四条駅より 徒歩約8分
阪急河原町駅より 徒歩約10分
JR京都駅より タクシー約15分、市バス206番祇園下車
住所 京都市東山区祇園町北側625番地
問い合わせ 八坂神社 075-561-6155
URL http://web.kyoto-inet.or.jp/org/yasaka/
pagetop
コミュ commu 京都発!土山印刷のWebマガジン 土山印刷株式会社WEBサイトへリンク お問い合せ