コミュ commu 京都発!土山印刷のWebマガジン

特集 小ロットの印刷をこなすポイント 刷り出しまでの準備時間を短く、CMSの機能を最大限に活用する
Back number
バックナンバーを読む

特集 小ロットの印刷をこなすポイント 刷り出しまでの準備時間を短く、CMSの機能を最大限に活用する

製造部印刷課 課長  藤井 努仕事と家族と海を愛する男です-☆
20077.15 july vol08
製造部印刷課 課長  藤井 努
プレス・ポストプレス 1新印刷機導入06年に最新のCMS設備が組み込まれた新しい印刷機を導入、順調に稼働中! 2印刷現場としてのCMSとは安定したカラーマネジメントを実現するには保守とメンテナンスが基本中の基本。デジタルでは及ばない細部への目配りがカギ。 3特集 印刷は本当に微妙で繊細な技術です “ハードの諸条件×ソフトのレベル=印刷物の品質” メンテナンスと技術力の積み重ねで高品質を維持 4特集 小ロットの印刷をこなすポイント 刷り出しまでの準備時間を短く、CMSの機能を最大限に活用する 5特集 フィーダーの調整はむずかしい スムーズに給紙をするために経験とカンを生かして微調整を行っています。 6特集 これから手がけていきたい特殊印刷 お客様の満足度を高めるためより高精度な印刷技術を追求していきます 7特集 夜勤のときのトラブルは怖い 他部門が可動せず材料も限られる夜間。失敗が許されない緊張感のなかで慎重かつ品質を重視し作業しています。 8特集 用紙によって変わる印刷難度 薬品に使用される薄紙から厚紙の印刷など難易度の高い印刷物に対しても品質を重視しながら取り組んでいます。 9特集 印刷機のメンテナンス 小さな汚れが品質にかかわってしまうことも。1週間に一度の定期メンテナンスのほか作業時に目配りをしてトラブルを防ぎます。 10特集 高品位印刷への取り組み(1) 品質の高さが求められる出版物に対して高精細、FMスクリーニングの印刷など独自のノウハウを蓄積して提案いたします。 11特集 印刷機の保守と点検 印刷物の品質を守るためには機械の保守・点検が不可欠。給油の大切さや毎週行っている定期メンテナンスについてご紹介します。 12

CMS(カラーマネージメント)の機能を最大限に活用!

新印刷機の導入により、弊社がこれまで得意としてきた大ロット印刷に加え、小ロット印刷にも柔軟に対応できるようになりました。

小ロットの印刷を効率よくこなすには、印刷開始までの準備期時間を短くして刷り出しを早める事と、原稿に忠実な色再現を的確に行う事が課題となります。

実際の作業では、製版部門とのやりとりで印刷機に対応したデジタルデータをきっちりと用意し、管理することが基本になります。製版データを印刷機用に変換したCIP3データを利用すると、例えば従来準備に30分かかっていたところを半分の約15分に短縮できます。カラーマネジメントではKHS(コモリハイパーシステム)を使っており、色の濃度を瞬時に測定するPDCS-Uで誤差数値の「ΔE(デルタイー)」をはかり、「フィードバック」という装置で印刷機が自動調整するシステムになっています。

さらに、印刷する紙を爪で咥えて搬送する「くわえ」の部分にカラーパッチ(CMYK、グレースケール)をつけて濃度チェックすることで、早めにカラーの調整ができます。ただ、カラーパッチはA4で印刷面に余白のある菊判にしかつけられません。

写真:KHS(コモリハイパーシステム)
写真:カラーパッチ

デジタル化で保守メンテにもメリット

写真:作業風景

また、従来だと通常の場合、校正専用の印刷機で出した校正刷を原稿にしていましたが、これを本機校正刷に変えることによって、結果的に色合わせの時間が短縮でき、品質の安定にもなっています。

小ロットでは、1000枚〜3000枚通しの物件が様々な面で効率よく印刷できるのですが、印刷はもともと品質が安定しにくいもの。やはり定期的な保守メンテナンスが欠かせません。月に一度はカラーチャートでチェックを行うなど、担当者の経験によるところもまだ多くあります。その点では、KHSの導入によってカラー調整の時間が大幅に短縮された分、印刷機本体のメンテナンスに時間をかけています。

デジタル化されたシステムを活用することによって、印刷は効率よく、保守メンテナンスはより細かく行うことができるようになりましたが、今後もさらに品質の向上をめざして取り組みをブラッシュアップしていきたいと思います。

pagetop
コミュ commu 京都発!土山印刷のWebマガジン 土山印刷株式会社WEBサイトへリンク お問い合せ