コミュ commu 京都発!土山印刷のWebマガジン

京都歳時記 京都でおでかけ! はんなりスポット

2007.08.15
Back number
バックナンバーを読む
京都歳時記 京都でおでかけ! はんなりスポット:コミュ commu 京都発!土山印刷のWebマガジン

六地蔵めぐり(ろくじぞうめぐり)桂地蔵 地蔵寺ほか8月22日(水)・23日(木)

街道沿いの6寺院に祀られたお地蔵様に家内安全を祈ろう

毎年、夏休みも終わりに近づいた8月22日、23日の両日に行わる「六地蔵めぐり」は、800年ほど前からの伝統行事。地蔵めぐりは、六道(地獄、飢餓、畜生、修羅、人間、天上)に迷い苦しむ人々を救済するように願って祀られた、六体の地蔵菩薩をお参りすることです。都の出入口、街道沿いの6カ所の寺院に祀られているお地蔵様に、家内安全や無病息災を祈願します。

六地蔵とは、桂地蔵(丹波街道・地蔵寺)、伏見六地蔵(奈良街道・大善寺)、鳥羽地蔵(西国街道・浄禅寺)、常盤地蔵(周山街道・源光寺)、鞍馬口地蔵(若狭街道・上善寺)、山科地蔵(東海道・徳林庵)の6カ所です。これら寺院に安置された木造地蔵菩薩立像(重要文化財)は、平安時代のはじめに小野篁(おのたかむら)が一本の木から六体の地蔵尊像を刻み、木幡の里(現在の大善寺)に祀ったのが始まりといわれています。その後、地蔵菩薩を信仰する後白河天皇が平清盛に、都の守護と街道を行き来する旅人の安全を願って、街道の入口に1体ずつ分けて安置するよう勅命。清盛はそれぞれ六角堂を建て、西光法師に命じて供養したそうです。

参拝者は、赤、青、黄、緑、白のお幡(はた)と呼ばれるお札を各寺で購入(1枚300円)。たとえば桂地蔵は緑ですが、6枚を束ねて家の玄関に吊るすと、一年中の疫病退散、福徳招来の護符となるとか。昨年いただいたお幡があれば、それぞれお返ししておきます。また初盆から水塔婆供養を3年間行えば、新しい仏様は六道の苦を免れることができると伝えられています。

まわる順番は特に決まっていないそうですが、自宅から2番目に近いところから地図上で時計回りになるようにお参りし、最後に一番近いところに行くという方も。早起きして一日で全部まわってもいいし、2日にわけてゆっくりお参りしてみても。また、効率よくまわるために、数人でタクシーをチャーターする方法もあるそうです。夏の終わり、それぞれのお地蔵様に願いを込めてみませんか。

場所 お問い合せ 住所/交通
桂地蔵(地蔵寺) 075-381-3538 西京区桂春日町9
阪急京都線「桂」駅より徒歩5分
伏見六地蔵(大善寺) 075-611-4966 伏見区桃山町西町24
京阪宇治線、地下鉄東西線、JR奈良線「六地蔵」駅より徒歩5分
鳥羽地蔵(浄禅寺) 075-691-3831 南区上鳥羽岩ノ本町93
市バス「地蔵前」すぐ
常盤地蔵(源光寺) 075-881-6807 右京区常盤馬塚町1
京福電鉄「常盤」駅すぐ
鞍馬口地蔵(上善寺) 075-231-1619 北区上善寺門前町338
地下鉄烏丸線「鞍馬口」駅より徒歩5分
山科地蔵(徳林庵) 075-583-0353 山科区四ノ宮泉水町16
JR琵琶湖線、地下鉄東西線「山科」駅より徒歩6分
pagetop
コミュ commu 京都発!土山印刷のWebマガジン 土山印刷株式会社WEBサイトへリンク お問い合せ