コミュ commu 京都発!土山印刷のWebマガジン

特集 SEOの本質 XHTML+CCSによる確かなコーディングでサイトを構築し検索エンジンの上位に。
Back number
バックナンバーを読む

特集 SEOの本質 XHTML+CCSによる確かなコーディングでサイトを構築し検索エンジンの上位に。

ネットワークソリューションチーム Webの世界を日々探求しています!
プロフィール
企画・制作 1特集 ウェブと印刷のコラボレーション ウェブと印刷の製作工程の違い。 データを組み立て記事にしていくプロセスは同じ・・・ 2特集 めざすフルデジタルワークフローの形 土山印刷で構築しようとしているフルデジタルワークフローの形は顧客ニーズに対応するための取り組み 3特集 ウェブと印刷物は一緒につくると効率的 企画〜編集の要素と流れは同じ。媒体の特長を生かして、目的に合ったアプローチを 4特集 ウェブ制作の現場 印刷のノウハウがあるからこそウェブの特性を引き出すサイトを提案できる。 5特集 多種多様のノベルティ業界 膨大な選択肢の中から“半歩先”を見据えて提案。アタマをやわらかくしてアイデアを練っています。 6特集 SEOの本質 XHTML+CCSによる確かなコーディングでサイトを構築し検索エンジンの上位に。 7特集 プリントプリウス インターネットでの印刷受注【印刷戦士!プリントプリウス】土山印刷の100%出資子会社として発足しました。 8特集 流し込みシステムの構築 カタログに掲載する商品イラストで数種類の着色作業と配置を自動的に行うシステムが完成しました。 9特集 デジタルブックの可能性 Web上で一般的になったデジタルブック。デザイン技術を活かして展開できるのが制作会社側のメリットといえます。 10特集 品質と技術力を背景に「クロスメディア+α」の提案を 土山品質に新たな価値創造を。お客様の企業課題を解決する企画提案を積極的に行っていきます。 11特集 印刷とWebを連動して最適な企画提案を行う 自社の伝統とノウハウを活かし外部ブレーンの方々とも協力しながら「クロスメディア+α」を推進します。 12特集 クロスメディア+αの実践 コミュニケーション戦略を図る立体的な提案に向けて
企画・制作 13特集 企画営業提案の実践 お客様の目的を達成するための最高の手段を選び、私たちがカタチに。企画から印刷までトータルでお任せいただけます。 14特集 ホームページコンテスト 中小企業のためのホームページコンテストで弊社は佳作をいただきました。今回は表彰式とともに行われた「ウェブトレンドセミナー」をレポートします。 15特集 新規営業の取り組み 初めてお会いするお客様にご好評をいただいている「Web診断サービス」。Webの改善はもちろん、印刷物などの受注にもつながっています。 16特集 プライバシーマーク取得 お客様にご安心いただくために、プライバシーマークを取得しました。これまで以上に社員一人ひとりの意識を高め、適切に情報を管理していきます。 17 18 19 20 21 22 23 24

サイトリニューアル後、順位が大幅アップ!

弊社に入社後、最初の仕事として自社コーポレートサイトのリニューアルに取り組むこととなり、その中でこだわったポイントのひとつが『本質的なSEO』になります。
SEO(検索エンジン最適化)とはGoogleやyahoo!などの検索エンジンにおいて、自社を上位に表示する対策のことを言います。

今回はSEOに関する小手先のテクニックに頼るのではなく、Web標準といわれるXHTML+CSSによる確かなコーディングでサイトを構築することによって検索エンジンとの親和性を高めた結果、以下のような結果を出すことができました。

土山印刷株式会社 自社サイトリニューアルにおけるSEO効果
※上記順位は2007年8月1日時点のもの
 Googleでは以前すべて圏外だったものが「印刷会社+京都」が6位、「京都+印刷会社」で8位に
 yahoo!は「京都」と「印刷」等の組み合わせでいずれも10位以内に

以前はビジュアルを重視したFLASHベースでサイトを構築し、検索エンジンへの対策は行っていませんでいたので、リニューアルによってある程度順位が上がることは予想していましたが、内部コンテンツを見直すことで、ここまでの結果を出せたことにとても満足しています。

SEO至上主義でなく、内容の充実をはかる

写真:作業風景

最近のWeb業界では「SEO」をうたう企業様が乱立しているようですが、その多くが高額な契約の割に、「単純に外部リンクを増やす」「メタキーワードタグを追記する」といった表面的な対策しかとっていないことに、個人的には疑問を感じています。

たしかにテクニックを駆使すれば一時的に検索順位があがる場合もあるかと思いますが、順位づけのルール(検索アルゴリズム)の進化を考えると、その状況は長くは続かないといえるでしょう。

それよりもW3Cの仕様やJIS X8341-3(ウェブコンテンツJIS)等のガイドラインに沿った形で、アクセシビリティ(アクセスのしやすさ)やユーザビリティ(使いやすさ)を考えながら、しっかりとウェブサイト運用を行っていくほうが、自然な形で検索エンジンからの集客を増やしていけると考えます。

また、すでに認知度がある大手サイトのキャンペーンページ等では、SEOの観念にとらわれるよりも、より魅力的な見せ方や見応えのある内容を重要視すべき場面も多くなります。

やはり根底にあるのは「その案件ごとの目的やターゲットに向けて、適切なサイト設計をする」ことで、検索エンジンで上位に名前が出ることが最大の目的ではなく、柔軟な発想や感覚をもってサイト自体の内容を充実させることが大切だと日々感じています。

これからも自社サイトをしっかりメンテナンスしていきながら、クライアント様に対しても効果の高いウェブサイトをご提案し、確かな技術ベースでサイト構築を行っていきます!

pagetop
コミュ commu 京都発!土山印刷のWebマガジン 土山印刷株式会社WEBサイトへリンク お問い合せ