コミュ commu 京都発!土山印刷のWebマガジン

京都歳時記 京都でおでかけ! はんなりスポット

2007.08.15
Back number
バックナンバーを読む
京都歳時記 京都でおでかけ! はんなりスポット:コミュ commu 京都発!土山印刷のWebマガジン

晴明祭(せいめいさい)晴明神社 9月22日(土)・23日(日)

陰陽師を祀った神社のお祭り 西陣地区の祭列を見に行こう

安倍晴明と聞いてピンと来ない人も、本やテレビでおなじみの「陰陽師(おんみょうじ)」と聞けばすぐに分かるはず。一条戻り橋に位置する晴明神社は、平安時代の天文学者であり、天才陰陽師として活躍した安倍晴明が祀られています。
安倍晴明は、星座や雲の動きなどから、宮殿での出来事を予知するなど、さまざまな方から信望を寄せられ、亡くなった後の1007年、一条天皇によって、晴明の屋敷跡であった場所にこの神社が建てられたそうです。
神社の紋、晴明桔梗ともいわれる五芒星(ごぼうせい)は魔除けのシンボルで、お守りやお札にはこの印が入っていて非常に人気があります。

神社の最大の行事である晴明祭は、毎年秋分の日、2日間にわたって開催。22日の宵宮祭は地元の子どもたちによる「ちびっこお迎え提灯行列」があります。子どもたちが提灯を持って歩く姿は、とてもかわいいもの。そして、大釜の湯を散らして邪気を払い、無病息災を願ってお湯にかかる「湯立神楽」が奉納されます。午後7時30分からの奉納には、1人1000円の初穂料で参加できるそうです。当日は夜店も多数出るので、参拝した後に、「何を食べようかな」と、散策するのも楽しみですね。
翌日、23日の神幸祭は午後1時から。凛々しい少年鼓笛隊、御神輿、飾り馬、菊鉾、獅子、八乙女などの祭列が西陣地区を巡行します。神輿は、本社神輿のほかに「桃薗みこし」と「聚楽みこし」の若神輿も。きらびやかな神輿を、ぜひ近くで見たいもの。地域の子どもから大人までが参加して、にぎやかな風景です。毎年続いているこのようなお祭りを見ると、「京都ならではの風情があっていいなぁ」としみじみ感じられるはずです。
今回のお祭りは土日の開催なので、親子で参加するのもおすすめ。伝統的な京のお祭りを堪能してください。

場所 晴明神社
日時 9月22日(土)・23日(日)
時間 22日 午後7時〜(宵宮祭)/23日 午後1時〜(神幸祭)
料金 無料
交通 市バス「一条戻橋」下車、徒歩2分
地下鉄「烏丸今出川駅」下車、徒歩10分
住所 上京区堀川通一条上ル806
問い合わせ 075-441-6460
URL http://www.seimeijinja.jp/
pagetop
コミュ commu 京都発!土山印刷のWebマガジン 土山印刷株式会社WEBサイトへリンク お問い合せ