コミュ commu 京都発!土山印刷のWebマガジン

グルメレポート 京都名店探訪! 行ってきましたこんなお店

2007.10.15
Back number
バックナンバーを読む

中華菜家 一品香

推薦者 中山圭(営業本部業務部)

旬の京野菜や海鮮をふんだんに使ったあっさりヘルシー系のチャイニーズ

 先斗町(ぽんとちょう)は、三条通の一筋南から四条通の間にある花街。細長い路地にさまざまなお店が軒を連ねます。ここに今年4月、20年ほど前からあっさりした味付けで地元の人に親しまれてきた「一品香」が移転オープンしました。

 この店のこだわりは、油っこいと思われがちな中華料理でありながら、あっさりとヘルシーに仕上げられているということ。また地元・京都の食材をふんだんに取り入れている点です。季節の野菜の量や種類を多くするなどの工夫もされています。

 今回いただいた料理も逸品ぞろい。「フカヒレと冬瓜のスープ」はコクのあるスープに冬瓜がさわやかで、5人で行ったのですが全員が気に入りました。「ハモのから揚げ中華ポン酢」は、和食で食べるハモと違った新鮮な味わい。お肉のやわらかい「牛フィレサイコロと万願寺とうがらしの黒胡椒炒め」や、茄子を丸ごと使った「麻婆京茄子」など、京都ならではの料理も堪能しました。

 お店のスタッフに聞いたおすすめのメニューは「水餃子」。シンプルながらタレが濃厚で美味でした。また、「ワタリガニとおこげのチリソース」は見た目が豪華で、味のほうもバッチリ!めずらしいメニューとしては、「うめの香り焼きめし」。梅の香りがよくて、さらっとしていましたよ。最後には、デザートの「杏仁豆腐」、「マンゴープリン」もペロッと食べられました。

 秋には松茸などきのこ類や銀杏、かぼちゃを使った料理などがあるようで、一品だけでなくコース料理も充実しています。また、この日は飲まなかったのですが、紹興酒にもいろんな種類があって、甕で貯蔵したものは、紹興酒が苦手な人でも飲めるまろやかなものらしいですよ。ワインやカクテル類も豊富です。

 店内でおもしろいと思ったのが2階のいすの足。足の下にテニスボールを割って、はめこんでありました。床のキズ防止になるのかも(笑)。少人数でもいいし、大勢で行ってもワイワイ楽しめる店です。京野菜と海鮮やお肉との豊かなハーモニーを味わいに出かけてみてください。

ワタリガニとおこげのチリソース
水餃子
牛フィレサイコロと万願寺とうがらしの黒胡椒炒め
季節の杏仁豆腐
店名 中華菜家 一品香
住所 京都市中京区四条通り先斗町上る
URL http://www1.odn.ne.jp/~cda88300/
TEL 075-211-2493
営業時間 午後12時〜3時 午後5時〜10時30分
席数 34席
定休日 火曜日(月曜日はランチ休)
交通 阪急「河原町」下車徒歩3分、京阪「四条」下車徒歩5分

拡大地図を表示
pagetop
コミュ commu 京都発!土山印刷のWebマガジン 土山印刷株式会社WEBサイトへリンク お問い合せ