コミュ commu 京都発!土山印刷のWebマガジン

京都歳時記 京都でおでかけ! はんなりスポット

2007.11.01
Back number
バックナンバーを読む
京都歳時記 京都でおでかけ! はんなりスポット:コミュ commu 京都発!土山印刷のWebマガジン

法輪寺 嵐山もみじ祭(もみじまつり) 11月11日(日)

大堰川で繰り広げられる船遊び絵巻。もみじとともに秋の嵐山を楽しもう

「嵯峨野の虚空蔵さん」と呼ばれ、十三まいりの寺として有名な法輪寺。十三まいりとは、数え年13歳に成長した子どもが、成人の儀礼として、智恵と福徳を授かるために参拝する行事で、毎年春と秋に行われています。ここでは、参拝の帰りに渡月橋で振り返ると智恵が返ってしまうといわれています。

今回ご紹介するのは、折れたり使用しなくなった針を供養する「針供養」。法輪寺は技芸上達の信仰もあり、毎年12月8日に行われています。皇室から預かった針をはじめ、全国から持ち寄られた多数の針に感謝し、手芸上達や家庭円満を祈願するという昔ながらの行事です。

当日は午前11時頃から甘酒の接待が行われ、参拝客でにぎわい始めます。持参した針は所定の箱に納め、供養料は各人のこころもちで納めるということです。
供養に来た人は、用意されたコンニャクに大針をさして拝みます。これは、働いてくれた針をコンニャクにさして休んでもらおうということから。コンニャクが針で埋まっていくという光景はめずらしいものです。

そしていよいよ午後1時から針供養法要がおごそかにスタート。針への感謝を心をこめて祈願したいものです。その後、本堂において日本舞踊「織姫の舞」が奉納されます。

針供養は2月8日にも行われますが、規模は小さめで、皇室で使用された針が供養されたり、舞の奉納があるのは12月のみだそうです。この機会に裁縫箱を点検してみてはいかがでしょうか。

ちょうど8日から17日(月)までは、「京都・嵐山花灯路(はなとうろ)2007」も行われます。午後5時から8時30分まで、日本情緒豊かな約2600基の露地行灯のあかりと、いけばながそぞろ歩きを演出。渡月橋周辺や野宮神社近くの竹林などのライトアップもあり、幻想的な風景が満喫できそうです。昼の嵐山はもちろん、夜の風情を楽しんでみるのもよさそう。今までと違った嵐山・嵯峨野のよさを発見できるかもしれませんね。

場所 法輪寺
日時 12月8日(土)
時間 午前11時頃〜
料金 無料
交通 阪急「嵐山」下車、徒歩5分
嵐電「嵐山」下車、徒歩10分
住所 京都市西京区嵐山虚空蔵山町68-3
問い合わせ 075-862-0013
URL http://www2.ocn.ne.jp/~horinji/
pagetop
コミュ commu 京都発!土山印刷のWebマガジン 土山印刷株式会社WEBサイトへリンク お問い合せ