コミュ commu 京都発!土山印刷のWebマガジン

2007.12.15
Back number
バックナンバーを読む

2007 47th ACC CM FESTIVAL

2007 47th ACC CM FESTIVAL KBSホールへ取材に行ってきました!

この1年で放映されたCMの中で、特に印象の深かった作品を選ぶ(社)全日本シーエム放送連盟[ACC] 主催の「CM FESTIVAL」。 各地で入賞作品の発表会が行われているのですが、京都のKBSホールでも開催されましたので、取材に行ってきました。

応募された2727本のテレビ・ラジオCMから200本程度を一気に見ることができるこの発表会。開演前から将来のクリエイター・広告関係の仕事を目指す学生や各種広告関係者らが続々と集まり、皆さん期待をこめた面持ちでパンフレットをながめておられました。

発表会が始まるとスクリーンに次々と映し出されるCMに観客はくぎ付け状態。地域→ファイナリスト→ブロンズ→シルバー→ゴールド→グランプリという順番でブロックに分けて発表がされたのですが、後半にいくにつれて馴染みの深い作品やクオリティが非常に高い作品が放映され、会場からも爆笑やため息が起きていました。

この日一番盛り上がったのがラジオ部門のグランプリ作品「ナショナル空気清浄機:くしゃみ会話講座編」。インターネットで視聴することができないのが非常に残念ですが、会場中が大爆笑の渦でみなさんお腹を抱えて笑っている状態でした。

広告媒体としては昨今苦戦をしていると言われているラジオ広告ですが、90秒、そして音声のみで人の心を動かすことができるというのはすごいことだなとあらためて感じました。

そしてテレビCM部門のグランプリ作品は「マクセルDVD:ずっとずっと。」CMというより珠玉のドキュメンタリーのような作品で、感動のあまり会場のあちらこちらからすすり泣く声が聞こえ、私自身も思わず号泣をしてしまいました。

弊社では直接テレビやラジオCMの作成を行ってはおりませんが、昨今では「バイラルCM」と呼ばれるインターネットでのCM配信が盛り上がりを見せていますし、今後は1つのプロモーションを行うにもインターネットや印刷媒体をからめたクロスメディア展開が必須ということで、今回はイマジネーションを広げる非常に有益な取材となりました。






pagetop
コミュ commu 京都発!土山印刷のWebマガジン 土山印刷株式会社WEBサイトへリンク お問い合せ