コミュ commu 京都発!土山印刷のWebマガジン

特集 印刷機のメンテナンス 小さな汚れが品質にかかわってしまうことも。1週間に一度の定期メンテナンスのほか作業時に目配りをしてトラブルを防ぎます。
Back number
バックナンバーを読む

特集 印刷機のメンテナンス 小さな汚れが品質にかかわってしまうことも。1週間に一度の定期メンテナンスのほか作業時に目配りをしてトラブルを防ぎます。

製造部印刷課 小林 伸之 1級印刷技能士の資格に加えてさらにレベルアップを目指します!
2007.12.15 December vol18
製造部印刷課 小林 伸之
プレス・ポストプレス 1新印刷機導入06年に最新のCMS設備が組み込まれた新しい印刷機を導入、順調に稼働中! 2印刷現場としてのCMSとは安定したカラーマネジメントを実現するには保守とメンテナンスが基本中の基本。デジタルでは及ばない細部への目配りがカギ。 3特集 印刷は本当に微妙で繊細な技術です “ハードの諸条件×ソフトのレベル=印刷物の品質” メンテナンスと技術力の積み重ねで高品質を維持 4特集 小ロットの印刷をこなすポイント 刷り出しまでの準備時間を短く、CMSの機能を最大限に活用する 5特集 フィーダーの調整はむずかしい スムーズに給紙をするために経験とカンを生かして微調整を行っています。 6特集 これから手がけていきたい特殊印刷 お客様の満足度を高めるためより高精度な印刷技術を追求していきます 7特集 夜勤のときのトラブルは怖い 他部門が可動せず材料も限られる夜間。失敗が許されない緊張感のなかで慎重かつ品質を重視し作業しています。 8特集 用紙によって変わる印刷難度 薬品に使用される薄紙から厚紙の印刷など難易度の高い印刷物に対しても品質を重視しながら取り組んでいます。 9特集 印刷機のメンテナンス 小さな汚れが品質にかかわってしまうことも。1週間に一度の定期メンテナンスのほか作業時に目配りをしてトラブルを防ぎます。 10特集 高品位印刷への取り組み(1) 品質の高さが求められる出版物に対して高精細、FMスクリーニングの印刷など独自のノウハウを蓄積して提案いたします。 11特集 印刷機の保守と点検 印刷物の品質を守るためには機械の保守・点検が不可欠。給油の大切さや毎週行っている定期メンテナンスについてご紹介します。 12

汚れがたまりやすい各箇所に注意を払う

常にフル稼働している印刷機ですが、メンテナンスをきっちり行っていないと、トラブルになることも考えられます。

機械で一番汚れるのが、印刷物が出てくるデリバリ部。ウラつき(ブロッキング)防止のパウダーの粉が飛び散るので、作業が終わったら手が届く部分を必ず拭き取っておきます。これを怠ると、片面だけならいいのですが、両面4色印刷の場合、上がり面に粉落ちが発生してしまい刷り直しになってしまう事があります。

インキつぼは本来、入れ替えて掃除をしたほうがいいのですが、弊社の場合は24時間体制の為、インクが乳化しないよう毎日洗浄し、つぼ内のインキも新しいインキと交換をしています。

次に印刷装置に紙を送るフィーダー部も注意が必要です。もともと紙についている粉「紙粉」が紙を自動的に送るためのセンサーを汚し、感知せずに、止まってしまうことがあります。その際は消しゴムを使ってセンサーを掃除しておきます。

このほか、ゴムローラーは劣化していくため、状態を見極めながら定期的に各ユニットのローラー交換を行っています。

写真:デリバリ部
写真:ローラー
写真:ローラー
写真:フィーダー部

品質を守るためメンテナンスをさらに重視

各箇所で注意する点はありますが、弊社では毎週金曜日の夜から土曜日の朝にかけて、定期メンテナンスの時間を設けています。印刷機器メーカーの基準に添って、稼働時間に応じてグリス(油)を足し古い油を出すなどの作業を行い、また、フィルターを点検して掃除機できれいにしたり、デリバリ部は油と粉が混ざったものなど、こびりついたものを徹底して除去します。

これらひと通りで2〜3時間はかかりますが、メンテナンスの時間も大切です。やらないほうが楽でしょうが、先延ばしにするとさらに汚れがたまり、それが品質にかかわってきます。そういった意味でメンテナンスは印刷をするうえでの基本中の基本です。

今後は、勤務交代の引き継ぎのときにでも少しずつ清掃等をすれば、週末のメンテナンス時間が軽減されるのでは、と考えています。普段は時間に追われていますが、余裕ができたときは、積極的に機械まわりを点検し、美化していきます。水やH液などの消耗品を定期的に取り替え、日常的に機械の音や動きに注意し、異常が起こる前に発見するよう努めています。

pagetop
コミュ commu 京都発!土山印刷のWebマガジン 土山印刷株式会社WEBサイトへリンク お問い合せ