コミュ commu 京都発!土山印刷のWebマガジン

特集 最新技術を駆使し誠実にものづくりを追求 高品位印刷、Webとの組み合わせなど品質管理を徹底しながら、お客様への提案や新商品の開発を目指します。
Back number
バックナンバーを読む

特集 最新技術を駆使し誠実にものづくりを追求 高品位印刷、Webとの組み合わせなど品質管理を徹底しながら、お客様への提案や新商品の開発を目指します。

常務取締役 製造本部長 橋本 周明 植栽が趣味で、今はシヤコバサボテンがとてもきれいです。
プロフィール
常務取締役 製造本部長 橋本 周明、部長 高橋 敬一
プリプレス 1特集 めざすフルデジタルワークフローの形 土山印刷で構築しようとしているフルデジタルワークフローの形は顧客ニーズに対応するための取り組み 2特集 ノベルティ商品の提案、開発 商品開発は情報収集がカギ。 土山印刷発でユニークな提案を 3特集 最新システムに対応! デザイン関連の最新アプリケーションを導入。入稿、検版などの新システムも視野に。 4特集 土山印刷のCTP デジタル刷版が主流となって工程が短縮し、納期までの作業スピードが格段にアップ!現像の確実性も高まって品質を確保 5特集 カラージーニアスについて RGB画像を最適なCMYKデータに変換。調整が容易になって品質も安定。 6特集 CMSを完成させよう 製版から印刷まで一貫したCMS(カラーマネジメントシステム)を構築しています 7特集 組版、バーコード作成に正確さを追求 何百店という価格の差し替えでも素早く対応。バーコード作成にも正確さを重視しています。 8特集 土山印刷の検版システム 最高6回の検版は各担当で責任をもって実施。デジタル検版も取り入れて精度を追求しています。 9特集 高品位印刷への取り組み〜FMスクリーン、高精細印刷、広演色印刷〜 京都で営業する印刷会社として高い技術力で作った高品質の印刷物の提供をめざし、さらに努力を続けます。 10特集 最新技術を駆使し誠実にものづくりを追求 高品位印刷、Webとの組み合わせなど品質管理を徹底しながら、お客様への提案や新商品の開発を目指します。 11特集 クロスメディアセンター(1) デジタル関連部門をワンフロアに集約。お客様の多種多様なニーズに対応できるクロスメディアセンターを目指します。 12特集 高品位印刷のためのDTPノウハウと事例 最新の印刷機を導入以来取り組んでいるFMスクリーン印刷。品質を安定させるための数々の試みを行っています。
プリプレス 13特集 データの不具合とその解決法 作字 印刷物の制作では旧字体の使用も不可欠。フォントに含まれていない場合は、独自で「作字」して対応してきました。 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24

時代に合った提案、新しい技術の開発を

部長 高橋 敬一 今年のテーマは健康管理。早寝を心がけようと思います!

製造本部においても、2008年は「伝統」と「革新」の土山ブランドづくりを目指します。長い歴史の中で培われたお客様に対する熱い思いと、誠実なものづくりやサービス精神という「伝統」。そして、最新設備と優れた技術によるフルデジタル化による製品づくり、Webを中心としたクロスメディア提案の「革新」です。このふたつを融合した土山ブランドでさらなるCS(お客様満足)をはかるとともに、新しいお客様への積極的なアプローチを行いたいと考えています。

昨年は、工程管理の仕組みを見直したこと、品質管理室でのチェック体制を強化したことなどにより、印刷ミスが3分の1に削減されました。QCD(品質・コスト・納期)の追求はいつの時代も変わらず大切なこととして認識し、粘り強く取り組んでおりますが、弊社では更に時代に合った提案や、新しい技術の開発を目指します。

高品位印刷への取り組み
FMスクリーン、高精細、RGB表現など、高度な製版技術と、デジタル管理された最新の印刷機による美術印刷技術を確立します。

クロスメディアへの対応
販売促進ツールは紙媒体だけにとどまらずWebとの組み合わせも急速に進んでおり(ワンソースマルチユース)、我々製造本部でもこれをひとつの商品・技術という位置づけで取り組んでいます。

Windowsデータの受付を
小ロット・短納期のパーソナルユースといった市場に対しては、弊社の別会社であるインターネットでの印刷通販「プリントプリウス」を窓口として対応しています。製造本部としては、印刷のプロとしてのアドバイスを行ったり、お客様から求められている「Windowsデータ」による印刷にも積極的に対応していきたいと考えています。

社会の一員としてCSRをさらに強化

これまで紹介しました取り組み以外にも、すべての人にとって見分けやすい配色を使用する「カラーユニバーサルデザイン」を手がけていきます。これは誰にとっても見やすく、使いやすさを追求したデザインともいえます。

また、地球環境に配慮し、適切に管理された木材を使用した「FSC認証紙」が取り扱える認証を昨年取得しました。このほか、2月には個人情報保護に関する「プライバシーマーク」の取得も予定しており、今後ともCSR(企業の社会的責任)への取り組みを強化していきたいと考えています。

工程や品質の管理は昨年同様重視しながら、新しい技術やサービスを盛り込み、より一層お客様に喜ばれる製品を提供してまいります。

pagetop
コミュ commu 京都発!土山印刷のWebマガジン 土山印刷株式会社WEBサイトへリンク お問い合せ