コミュ commu 京都発!土山印刷のWebマガジン

特集 高品位印刷への取り組み(1) 品質の高さが求められる出版物に対して高精細、FMスクリーニングの印刷など独自のノウハウを蓄積して提案いたします。
Back number
バックナンバーを読む

特集 高品位印刷への取り組み(1) 品質の高さが求められる出版物に対して高精細、FMスクリーニングの印刷など独自のノウハウを蓄積して提案いたします。

製造部印刷課 課長 藤井 努 サーフィンはもう少し暖かくなるまでガマン
2008.02.01 February vol21
製造部印刷課 課長 藤井 努
プレス・ポストプレス 1新印刷機導入06年に最新のCMS設備が組み込まれた新しい印刷機を導入、順調に稼働中! 2印刷現場としてのCMSとは安定したカラーマネジメントを実現するには保守とメンテナンスが基本中の基本。デジタルでは及ばない細部への目配りがカギ。 3特集 印刷は本当に微妙で繊細な技術です “ハードの諸条件×ソフトのレベル=印刷物の品質” メンテナンスと技術力の積み重ねで高品質を維持 4特集 小ロットの印刷をこなすポイント 刷り出しまでの準備時間を短く、CMSの機能を最大限に活用する 5特集 フィーダーの調整はむずかしい スムーズに給紙をするために経験とカンを生かして微調整を行っています。 6特集 これから手がけていきたい特殊印刷 お客様の満足度を高めるためより高精度な印刷技術を追求していきます 7特集 夜勤のときのトラブルは怖い 他部門が可動せず材料も限られる夜間。失敗が許されない緊張感のなかで慎重かつ品質を重視し作業しています。 8特集 用紙によって変わる印刷難度 薬品に使用される薄紙から厚紙の印刷など難易度の高い印刷物に対しても品質を重視しながら取り組んでいます。 9特集 印刷機のメンテナンス 小さな汚れが品質にかかわってしまうことも。1週間に一度の定期メンテナンスのほか作業時に目配りをしてトラブルを防ぎます。 10特集 高品位印刷への取り組み(1) 品質の高さが求められる出版物に対して高精細、FMスクリーニングの印刷など独自のノウハウを蓄積して提案いたします。 11特集 印刷機の保守と点検 印刷物の品質を守るためには機械の保守・点検が不可欠。給油の大切さや毎週行っている定期メンテナンスについてご紹介します。 12

当社ポスターでも、その違いが一目瞭然

土山印刷では、高い技術力を生かした高品質の印刷物の提供に取り組んでいます。そのうち今回ご紹介するのは、高精細印刷とFMスクリーニングの印刷です。

画像の濃淡は等間隔に並んだ網点の大小で表現するAMスクリーニングという方法で、一般的にはスクリーン線数が175線/インチの網点により再現されて印刷されます。当社では、その網点を約400線にした高精細印刷を手がけていきます。個々の網点が小さくなるため、よりきめ細やかであざやかな印刷物となるのが特徴です。

また、20ミクロンという微細な点で濃淡を表現するFMスクリーニングという方法もあります。点がランダムに配置されるため、ディティールの再現やグラデーションの表現に優れています。

今年始めには当社「謹賀新年」のポスターをAM175線とFMスクリーニングの2種で作成しました。 事前の説明を聞かないでポスターを見ても、その差は一目瞭然で、営業担当者向けに行っている社内印刷講習会でも実物を見ることで皆がその美しさを認識しました。

今後はより多くのお客様にも体験していただくために、FMスクリーニングと高精細400線、2種類の印刷サンプルを作成するべく企画中です。同時に印刷物の色調の安定、コントロールをはじめ、再版の場合の色の管理など、独自のノウハウを積み上げ、技術力をアップさせていきたいと考えています。

写真:アミ点
写真:FMスクリーンとAMスクリーン

入稿時に高品位印刷の提案を行うことも

写真:
写真:

昨年の終わりには、社内でテスト刷りを行って、紙質による傾向をつかんでみました。これら高品位印刷は、美術系の出版物やポスターなどに適していますが、やはりコート紙が一番インキの“のり”がよい紙です。上質紙の場合は網点が飛んでしまうため、あまりおすすめできません。このほかマット系の紙の場合はノウハウを蓄積し、より高品質なものができるよう対応したいと思っています。

今年からは製造部門において、入稿時にFMスクリーニングの印刷のほうが適していると判断される場合は、営業担当に打診するなど、社内的にも高品位印刷を積極的に提案する体制で取り組んでいます。今後も印刷機械の空いている時間があれば、テスト刷りを重ね、お客様の要望に応えるべく努力していきます。

pagetop
コミュ commu 京都発!土山印刷のWebマガジン 土山印刷株式会社WEBサイトへリンク お問い合せ