コミュ commu 京都発!土山印刷のWebマガジン

グルメレポート 京都名店探訪! 行ってきましたこんなお店

2008.02.15
Back number
バックナンバーを読む

きらきらひかる

推薦者 藤本 恵美(総合デザインチーム)、岩出 早織(総合デザインチーム)

季節の風景、賀茂川の流れを見つめながら手塩にかけた野菜を使ったスローフードを。

賀茂川に面した「きらきらひかる」は、こだわりの素材と空間を追求し、2002年にオープンされたお店。英国製アンティークのテーブルや椅子がある広々とした店内は、とても落ち着く空間となっています。
テーブル席もいいですが、ガラス越しに賀茂川を見渡せるカウンター席もとてもステキです。この窓から、季節のうつろいを楽しむこともできます。

ここでは料理人の西川さん自身が作るお米や野菜をはじめ、地元の京野菜、なにわの伝統野菜などを使った、安全でおいしい料理をリーズナブルに味わえるのが魅力です。

夜のお料理は、アラカルトに加えてその日のコース2種があり、私たちは「料理長おすすめ11品」(3,675円)をいただきました。

【先附】占地の高野あえ
【お吸い物】玉子豆腐
【向附】湯葉とこんにゃく
【蒸し物】鯛の酒蒸し
【焼き物】ぶり塩焼き
【油物】桜海老かき揚げ
【強肴】大根べっこう煮  
ごはん・一品・香の物・デザート

野菜とお魚の旨味がとけあって、やさしい味のコースでした。めずらしい野菜は女心をくすぐります!お吸い物はじゅんさいが入ったほっとする味で、向附のこんにゃくは、もずくの入ったやわらかぷるぷるゼリーのような食感で感激しました。旬のぶりは焼きたてで、脂ものっておいしい!

アラカルトメニューから選んだ「春菊とルッコラのサラダ」は、野菜独自のフレッシュな香り!であっという間にたいらげてしまいました。デザートはさつまいものレモン煮で、素朴な味わいです。夜のメニューでは、ほかに「おすすめ13品」(5,250円)もあります。  ランチタイムには「おひるのおまかせ」(2,500円)をはじめ、自慢の「おやさい定食」(1,200円)、おむらいす(1,000円)などのメニューが揃っていました。日替わりのスイーツもあるそうですよ。お店自慢のスローフードを味わいながら、上質な時間をゆっくり過ごせるお店なので、桜の季節にまた行きたいお店でした。

春菊とルッコラのサラダ
鯛の酒蒸し
ぶり塩焼き
さつまいものレモン煮
店名 きらきらひかる
住所 京都市北区上賀茂菖蒲園町30-3
URL http://kirakirahikaru.com/
TEL 075-791-2111
営業時間 午後12時〜3時(食事ラストオーダー2時
午後5時〜11時(ラストオーダー10時30分)
席数 78席
定休日 火曜日
交通 地下鉄烏丸線「北山」下車徒歩14分

大きな地図で見る
pagetop
コミュ commu 京都発!土山印刷のWebマガジン 土山印刷株式会社WEBサイトへリンク お問い合せ