コミュ commu 京都発!土山印刷のWebマガジン

グルメレポート 京都名店探訪! 行ってきましたこんなお店

2008.04.01 april vol.25
Back number
バックナンバーを読む

そば処 萬寿亭 橘

推薦者  柴垣 二郎(管理本部)

築370年の風格あるお屋敷のなかで材料にこだわった「そば」を味わう

醍醐寺の北に小野小町ゆかりの随心院というお寺があり、その近くに萬寿亭 橘(まんじゅていたちばな)というそば屋さんがあります。建物は築370年と風格のあるたたずまい。今流行の京町家というよりも、京都の旧家を手間暇かけて作りあげてきた民芸調的な作りで、昔の庄屋を思わせる建物の中は思ったより広く、たくさんの席がありました。

座敷へは、そろえた靴に番号のついた洗濯バサミをとめて、同じ番号札を持ってあがります。(ちなみに初めてでもおばちゃんが教えてくれます。)なお、この店には「ガラの悪い人や暴れる子どもはお断り」との張り紙が出されています。

そば粉は北海道産と滋賀産を使用。だしはかつおやさば節など5種類、利尻昆布といった国内産材料を使っており、それが店内に明記されていました。当日は小雪が舞う寒い日でしたので、天ザル大(1,720円)のあつもり(冬季限定・おそばとつゆが温めてあるもの)を注文。食べてみると確かに麺がとてもうまい!やわらかめですがしっかりとコシがあり、つゆと絶妙にからむのです。最近増えてきた、かたいだけのそばとは違います。この日は雪とあって、まわりで食べている人たちはもれなく、私たちと同じあつもりを注文していました。結構ボリュームがあって、2もり目のそばを残してしまったほど…。このほかのメニューは、シンプルなざるが760円、おろし930円などです。

ちなみに常連客に人気なのは、カツと卵、だしが絡んでおいしい「カツ丼」だとか。「ぜひそばを食べたい」という方にはムリにすすめませんが、カツ丼好きな方はぜひ一度食べてみてください。カツ丼に限れば、12時までの来店をオススメします。(平日のみ。数が限られており売切れ御免)。また平日は、天丼や親子丼などの定食もあります。

最後に、広い店内をおばちゃん3名で切り盛りしているせいか、愛想はありませんので、あらかじめご了承を。とはいえ、一歩店内に入ると静かな雰囲気の中で、ゆったりとしたひとときを過ごせます。食後にはそば湯もしっかりいただいて、おいしいそばを堪能してください。

天ザル大 1,720円
原材料詳細
店内
外観
店名 萬寿亭 橘
住所 京都市山科区小野御霊町49
TEL 075-572-7001
営業時間 午前11時〜午後3時
(そばがなくなり次第閉店)
定休日 毎週木曜日、第3金曜日(祝日は営業)
交通 地下鉄東西線 「小野」駅徒歩3分

拡大地図を表示
pagetop
コミュ commu 京都発!土山印刷のWebマガジン 土山印刷株式会社WEBサイトへリンク お問い合せ