コミュ commu 京都発!土山印刷のWebマガジン

京都歳時記 京都でおでかけ! はんなりスポット

2008.09.15 September vol.31
Back number
バックナンバーを読む
京都歳時記 京都でおでかけ! はんなりスポット:コミュ commu 京都発!土山印刷のWebマガジン

北野天満宮 「ずいき祭り」 10月1日(水)〜5日(日)

太鼓や神楽の音を響かせながらの巡行行列

10月の1日〜5日、京都の秋祭の先陣を切って、北野天満宮で「ずいき祭り」が執り行われます。 この「ずいき祭り」は、菅原道真没後、農業を営んだ家来が作物を神社に供えたのが起こりと伝えられています。

「ずいき」とは「サトイモの茎」のことで、このずいきを使って屋根を葺いた「ずいき神輿」が有名なのですが、屋根以外の部分も四方の柱盈(チュウエイ)や纓絡(ヨウラク)などは全てカボチャ、トマト、ピーマンやレンコンなどの野菜やユバなどで飾り、神輿の四面には、野菜の葉や栗や新穀で作った謡曲や昔話を題材にした人物が飾り付けられているなど、まさに五穀豊穣を喜び感謝する祭であることが伺えます。

1日に御旅所に奉られ、駐輦の後、御旅所を出て、巡行還御する日程で行われる「ずいき祭り」の見所は、4日(土曜日)の「還幸祭」。 太鼓や神楽の音を響かせながらの巡行行列を眺めることができます。 この「還幸祭」は「巡行を終えた天神様が本社に御帰りになる」というだけでなく、「おいでまつり」の別名が示すように、「大宰府でお隠れになった菅原道真公の霊が神様として初めて北野の地においでになる」という御鎮座の由来を回顧し、再現するという意味もあり、かつて氏子区域の人々は、当日は晴れ着をきて、行列に供奉したり、沿道からお御輿を拝んだりしたといいます。

秋晴れが多いこの季節。北野天神エリアを散歩しながら「上七軒」エリアまで足をのばすと、お御輿をお迎えする舞妓さんの姿を見ることができるのも、この「ずいき祭り」の醍醐味ですね。

場所 北野天満宮
日程 10月1日(水)〜5日(日)
交通 京福電車白梅町駅より徒歩5分
住所 京都市上京区馬喰町
問い合わせ 075-461-0055
URL http://www.kitanotenmangu.or.jp/
pagetop
コミュ commu 京都発!土山印刷のWebマガジン 土山印刷株式会社WEBサイトへリンク お問い合せ