コミュ commu 京都発!土山印刷のWebマガジン

特集 土山印刷に新たな印刷機が導入されました!
Back number
バックナンバーを読む

特集 土山印刷に新たな印刷機が導入されました!

営業本部 ネットワークソリューションチーム
2008.09.15 September vol.31
営業本部 ネットワークソリューションチーム
プリプレス 1特集 めざすフルデジタルワークフローの形 土山印刷で構築しようとしているフルデジタルワークフローの形は顧客ニーズに対応するための取り組み 2特集 ノベルティ商品の提案、開発 商品開発は情報収集がカギ。 土山印刷発でユニークな提案を 3特集 最新システムに対応! デザイン関連の最新アプリケーションを導入。入稿、検版などの新システムも視野に。 4特集 土山印刷のCTP デジタル刷版が主流となって工程が短縮し、納期までの作業スピードが格段にアップ!現像の確実性も高まって品質を確保 5特集 カラージーニアスについて RGB画像を最適なCMYKデータに変換。調整が容易になって品質も安定。 6特集 CMSを完成させよう 製版から印刷まで一貫したCMS(カラーマネジメントシステム)を構築しています 7特集 組版、バーコード作成に正確さを追求 何百店という価格の差し替えでも素早く対応。バーコード作成にも正確さを重視しています。 8特集 土山印刷の検版システム 最高6回の検版は各担当で責任をもって実施。デジタル検版も取り入れて精度を追求しています。 9特集 高品位印刷への取り組み〜FMスクリーン、高精細印刷、広演色印刷〜 京都で営業する印刷会社として高い技術力で作った高品質の印刷物の提供をめざし、さらに努力を続けます。 10特集 最新技術を駆使し誠実にものづくりを追求 高品位印刷、Webとの組み合わせなど品質管理を徹底しながら、お客様への提案や新商品の開発を目指します。 11特集 クロスメディアセンター(1) デジタル関連部門をワンフロアに集約。お客様の多種多様なニーズに対応できるクロスメディアセンターを目指します。 12特集 高品位印刷のためのDTPノウハウと事例 最新の印刷機を導入以来取り組んでいるFMスクリーン印刷。品質を安定させるための数々の試みを行っています。
プリプレス 13特集 データの不具合とその解決法 作字 印刷物の制作では旧字体の使用も不可欠。フォントに含まれていない場合は、独自で「作字」して対応してきました。 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24

新しい印刷機は6色機。高付加価値印刷をワンパスで可能

6色印刷機「LITERONE640-449」
2008年8月13日、土山印刷株式会社に新しい印刷機「LITERONE640-449」が導入されました。この「LITERONE640-449」は6つの胴を持ち、印刷物の基本となる4色のCMYKに加えて、特色の2色を加えた6色印刷(Hexachrome印刷)などの高付加価値印刷をワンパスで行なえるようになりました。この6色印刷の特徴としては、CMYKと比較してかなり広い色域を再現する事ができ、非常に鮮やかな色や美しい色を再現する事ができます。

さて、今回導入された6色印刷機の搬入から組み立てまでをレポートして参りましたのでご報告させて頂きます。

早朝 搬入前の印刷工場 早朝7:30
この時は来るべき6色印刷機の搬入に向けて普段は印刷物等の置き場となっている印刷工場は閑散としておりました

六色機が会社前に到着 8:00 - 9:00
10tトラックやクレーンが本社前に到着し、土山印刷に6色印刷機の部品を運んできました。トラックの総数はなんと8台にのぼりました。土山印刷の駐車場にクレーンやトラックは全て入りませんので、本社から近い場所で待機していたそうです。作業員の方たちは9時からの搬入に先立ち、まずは工場内の床に傷がつかないように床にシートをひいていました。

フィーダーをクレーンで降ろす所 9:00 - 9:40
ついに搬入が開始されました。まずは印刷機に紙を送る「フィーダー」と呼ばれる部分がクレーンでトラックから降ろされました。クレーンを使うような重たい機械なので、当然降ろしてからも機械を使って引っ張って奥まで運んでいくと思っていたのですが、機械の下にローラーをつけて作業員の方たちの人力で運ばれて行きました。

ユニットの搬入 9:50 − 13:40
フィーダーの搬入が終わり、紙にインキを転写するユニットと呼ばれる部分の機械が運び込まれて来ました。フィーダーの時と同じようにクレーンで降ろされたのですが、今度の機械は人力では運べないとの事で、巻き取り機を使って運び込まれました。一つのユニットの重さは約15tもあるらしいです。

オペレーションスタンド 13:50 − 14:10
次に運ばれて来たのは印刷した紙が出てくる所のデリバリと呼ばれる部分です。ユニットの搬入と同じように巻き取り機で運び込まれました。最後にオペレーターが機械の調整や制御を行なうオペレーションスタンドという部分が運び込まれてきまして、印刷機の全部品の搬入が全て終わりました。

ギアの噛み合わせ 14:10 − 16:00
搬入が全て終わり、各部品の位置調整と組み立てが始まりました。当社の印刷工場の床はピカピカで平らですが、工場の床は厳密に水平という事はありません。多少なりともボコボコしている部分があったりして、その差異によって印刷機は真っ直ぐに立っていません。印刷機というのは非常に精密な機械で、歯車の一つ一つが少しでもズレていると印刷機が動かない事もあるそうです。そのため、各部品をドッキングする前に高さを厳密に調整し、ズレを出来るだけ最小限にする必要性があります。高さの調整が終わった後は、微調整を何度も繰り返しながらドッキングを行ない、フィーダー・ユニット・デリバリは連結されました。さらに、各作業の命令信号の中継をするユニット盤を取り付け印刷機の組み立ては終了しました。

巨大な機械でも実は非常に精密な機械であると言う事

8月13日に搬入された6色印刷機のレポートは以上です。6色印刷機の組み立てを1日見学させて頂きまして、私が感じた事は、印刷機械というものは非常に精密な機械であるという事です。この部分に関しては作業員の方も非常に綿密に検査と調整を行なっておられました。土山の品質と印刷効率の向上という点でも、印刷という重要な工程を担う機械が正確に動く事の重要性を改めて認識させられました。 次回記事は「6色印刷機の可能性について」をお送りします。6色印刷機で印刷可能な印刷物や4色印刷機との違いなどを特集しようと考えています。
pagetop
コミュ commu 京都発!土山印刷のWebマガジン 土山印刷株式会社WEBサイトへリンク お問い合せ