コミュ commu 京都発!土山印刷のWebマガジン

京都歳時記 京都でおでかけ! はんなりスポット

2008.10.15 October vol.32
Back number
バックナンバーを読む
京都歳時記 京都でおでかけ! はんなりスポット:コミュ commu 京都発!土山印刷のWebマガジン

10月22日 由岐神社「鞍馬の火祭」

毎年10月22日に京都市北端の山中にある「由岐神社」にて、京都三大火祭の一つである「鞍馬の火祭り」が執り行われます。

「出町柳」より叡山電車で終点「鞍馬」まで約30分。駅からさらに参道を5分ほど登った場所にある由岐神社の「由岐明神」は、元々は市内の中心地「京都御所」に祀られていたのですが、平安時代中期に動乱や天変地異が相次いだため、世の中の平安を願い、北方の鞍馬に遷宮することで、北の鎮めとしたそうです。 そしてその際に、松明や神道具などを携えた行列は約1キロにも及んだとされ、この行列に感激した鞍馬の住民が、由岐明神の霊験と儀式を後世に残そうと「火祭り」が始めたと伝えられています。

京都の祭事の中でも特に勇壮でダイナミックといわれる「鞍馬の火祭り」の醍醐味は午後6時ごろから。

「神事に参らっしゃれ!」の神事振の声を合図に、晴れ着姿の幼児がトックリたいまつ(一番小さなたいまつ)を担いで街を練り歩きはじめます。そしてその行列に、小型と中型のたいまつを担いだ小中高生が加わり、クライマックスに向けて最後に大たいまつを担いだ若者らが加わります。 鞍馬太鼓が打ち鳴らされる中、「サイレヤ、サイリョウ」とはやし、街道を練り歩く一行の姿は、一度見たら忘れられないほどのインパクトを観客に残します。

お祭りのクライマックスは午後9過ぎから10時過ぎになりますが、当日はかなりの混雑が予想されるので、電車にて午前中から鞍馬入りすることがお薦め。 また、京都市内とはいえ山間部のため、かなり冷え込みます。防寒対策は念入りにし、たいまつやかがり火の「すす」や「火の粉」がかなり飛びますので、汚れても良い服装でお出かけすることをお薦めいたします。

場所 由岐神社
日程 10月22日
交通 叡山電鉄鞍馬駅下車 徒歩5分
住所 京都市左京区鞍馬本町1073番地
問い合わせ 075-741-1670
URL http://www.yukijinjya.jp/index.html
pagetop
コミュ commu 京都発!土山印刷のWebマガジン 土山印刷株式会社WEBサイトへリンク お問い合せ