コミュ commu 京都発!土山印刷のWebマガジン

グルメレポート 京都名店探訪! 行ってきましたこんなお店

2008.10.15 October vol.32
Back number
バックナンバーを読む

「ちゃんこ 天山」

推薦者 営業本部業務プロモーション部 中山 圭

お手頃価格でボリュームは満点!ダシの出た締めは、鍋ごと飲んでしまいたくなる旨さ

大きな手形
ちゃんこ鍋
おすすめは中華麺

京阪 祇園四条駅から徒歩3分。南座の近く、まさしく京都の中心と言える場所にそのちゃんこ屋さんはある。まずは、大きな赤い提灯が私たちを迎えてくれる。なかなか趣きのある由緒ある町屋風の建物。店内に入ると1階の広い畳の部屋に案内された。周りを見渡すと、さすがにちゃんこ屋さん、お相撲さんの大きな手形(武蔵丸・小錦など)はもちろん写真が飾ってあった。化粧マワシも飾ってあった。マワシには、天ノ山と書いてあった。おそらく、お店の名前の由来は、この力士からつけられたものと推測される。天ノ山が写っている写真があった。一緒に写っている力士にあの輪島も写っていた。結構、昔の力士のようだ。写真も白黒だった。

料理は、ちゃんこ鍋だ。小結ちゃんこプラス飲み放題で、¥4,300円メニュー。ちゃんこには、他にも横綱ちゃんこ・大関ちゃんこがあり、近江牛も登場する豪華さだ。宴会コースも充実しており、忘年会や新年会にはもってこいだ。飲み放題は5名様からとなっている。鍋の具材は、ミンチ(つくねだんご)・豚・鳥・しらたき・ねぎ・ごぼう・にら・白菜・しいたけ・あぶらあげ・里いもと盛りだくさんだ。山盛り状態が非常にインパクトがある。コクのあるあっさりスープが、具材に染みるとさらに食欲をそそる。一品料理もかつおのたたき・アスパラベーコン・たんざくいも・焼き鳥・じゃこやっこ等と30種類ほどあり充実している。ドリンクもビール・焼酎・地酒・ソフトドリンクなどこちらも30種類と豊富なラインナップだ。店の雰囲気も良く、畳部屋で鍋を囲んで食事をするシーンは、まさに和みの極みか。冬の寒い時期には、非常にホットな気分になれそうだ。

ちゃんこの締めも充実。うどん・雑炊・中華麺の3種類から選べる。おすすめは中華麺。鍋の具材から染み出たダシが、非常にたまらない。鍋ごと飲んでしまいたくなる旨さだ。これから、寒い時期には、是非ちゃんこを!

店名 ちゃんこ 天山
住所 京都府京都市東山区大和大路四条下ル3丁目博多町82
URL http://r.gnavi.co.jp/k331800/
TEL 075-561-7378
営業時間 平日午後5:00〜11:00 、祝日午後5:00〜10:00(深夜11:00以降の宴会は要予約)
定休日 無休(12/31・1/1は休み)
席数 80席
交通 京阪電車 祇園四条駅から徒歩3分

大きな地図で見る
pagetop
コミュ commu 京都発!土山印刷のWebマガジン 土山印刷株式会社WEBサイトへリンク お問い合せ