コミュ commu 京都発!土山印刷のWebマガジン

特集 RGB印刷の構築〜ドットゲインカーブの作成〜
Back number
バックナンバーを読む

RGB印刷の構築〜ドットゲインカーブの作成〜

生産本部 今西義幸 人は見かけで判断してはいけない。
2008.07.15 July Vol.29
生産本部 今西義幸
プリプレス 1特集 めざすフルデジタルワークフローの形 土山印刷で構築しようとしているフルデジタルワークフローの形は顧客ニーズに対応するための取り組み 2特集 ノベルティ商品の提案、開発 商品開発は情報収集がカギ。 土山印刷発でユニークな提案を 3特集 最新システムに対応! デザイン関連の最新アプリケーションを導入。入稿、検版などの新システムも視野に。 4特集 土山印刷のCTP デジタル刷版が主流となって工程が短縮し、納期までの作業スピードが格段にアップ!現像の確実性も高まって品質を確保 5特集 カラージーニアスについて RGB画像を最適なCMYKデータに変換。調整が容易になって品質も安定。 6特集 CMSを完成させよう 製版から印刷まで一貫したCMS(カラーマネジメントシステム)を構築しています 7特集 組版、バーコード作成に正確さを追求 何百店という価格の差し替えでも素早く対応。バーコード作成にも正確さを重視しています。 8特集 土山印刷の検版システム 最高6回の検版は各担当で責任をもって実施。デジタル検版も取り入れて精度を追求しています。 9特集 高品位印刷への取り組み〜FMスクリーン、高精細印刷、広演色印刷〜 京都で営業する印刷会社として高い技術力で作った高品質の印刷物の提供をめざし、さらに努力を続けます。 10特集 最新技術を駆使し誠実にものづくりを追求 高品位印刷、Webとの組み合わせなど品質管理を徹底しながら、お客様への提案や新商品の開発を目指します。 11特集 クロスメディアセンター(1) デジタル関連部門をワンフロアに集約。お客様の多種多様なニーズに対応できるクロスメディアセンターを目指します。 12特集 高品位印刷のためのDTPノウハウと事例 最新の印刷機を導入以来取り組んでいるFMスクリーン印刷。品質を安定させるための数々の試みを行っています。
プリプレス 13特集 データの不具合とその解決法 作字 印刷物の制作では旧字体の使用も不可欠。フォントに含まれていない場合は、独自で「作字」して対応してきました。 14特集 進化するフルデジタルワークフロー お客様にとって効率化、省コストにもつながるフルデジタルワークフローを推進していきます。 15特集 土山印刷に新たな印刷機が導入されました! 16特別企画 座談会 前編 17特別企画 座談会 後編 18特集RGB印刷の構築〜ドットゲインカーブの作成〜 19 20 21 22 23 24

ドットゲインカーブの作成について

当社でのRGB印刷は、CMYKにオレンジ、グリーンを加えた6色プロセス印刷で、従来のCMYKインキによる4色プロセス印刷と比較して、色調再現領域を拡げることが可能となり、よりモニター上の色に近い品質でお客様に提供できる印刷になっております。

今回、RGB印刷の立ち上げに当たりデータ取りの一番最初になります、ドットゲインについて紹介させていただきます。

先ず、何故、ドットゲインカーブを作成し直す必要があるのかですが、今までの当社での印刷はほとんどがスクエアドット175線で行っておりましたが、6色を刷ることで角度振りができない為、FMスクリーンでの対応が必要になり、当然、網点形状や線数を変えることでドットゲインが変わりますので、再度、ドットゲインの作成が必要となります。

今までの当社の基本となる印刷物はプロセス4色であれば、175線で下記の濃度を基準として印刷をしています。

濃度基準

新しく取り組むRGB印刷にあたり、FMスクリーン・高細線再構築が必要となります。  印刷のオペレーターに刷り濃度を変化させて刷らせることは生産、品質面で効率がよくありませんので、175線以外の物がきても標準濃度ですればよい状態にしておく必要があります。  そこで重要なのがドットゲインカーブです。

ドットゲインカーブはCTPで焼き付ける際に使用するものです。

ドットゲインとは?
オフセット印刷で、網点を作っているインキは、PS版からプランケット、そして紙へと転移します。そのときにシリンダーの圧力で網点が延ばされたり、印刷後、紙にインキがにじんだりすることによって発生します。このように機械的な要因によって網点が太ってしまいます。 これとは別に、印刷後の網点が紙の内部で反射した光によって太って見える、光学的なドットゲインもあります。 ドットゲインの大きさは、網点の面積がどれくらい広くなっているかで表されます。当然、無地(0%)やベタ(100%)の部分ではドットゲインは発生しません。網点の周長が長いときに、ドットゲインは一番大きくなります。理論的には、50%の網点のときに一番ドットゲインが大きくなります。

ドットゲインの変化

上記の内容を踏まえた上でテストを行いました。 テスト内容は目標になる175線と今後使おうとしている230線・FMの3種類を付け合わせ印刷をすることにしました。

FM、175AM、203AM

当然、刷濃度は基準値で刷り、刷られた印刷物の3種類のドットゲインを計測し、基準値を175線で測定したものとし、FM・230線で計測したものを専用のソフトに入力し、ドットゲイン率のカーブを作成いたします。作成したドットゲインカーブをCTP焼付け時に生かし、再度、版出力⇒印刷⇒計測と段階を踏み、3種類が合うまでこの作業を繰り返しおこないます。 補正を繰り返し行ったドットゲインカーブを完成することで少なくとも3種類に関しては同じ刷り濃度で刷れば、極めて差異が小さくなります。

11月21日にこの作業が完了しました。 ドットゲインカーブが決まれば、いよいよ6色を刷る為のプロファイル作成を行います。プロファイル作成につきましては、次回にご紹介したいと思います。

pagetop
コミュ commu 京都発!土山印刷のWebマガジン 土山印刷株式会社WEBサイトへリンク お問い合せ