コミュ commu 京都発!土山印刷のWebマガジン

グルメレポート 京都名店探訪! 行ってきましたこんなお店

2009.9.15 September vol.43
Back number
バックナンバーを読む

居酒屋 よこちょう

京都営業グループ

「居酒屋」でありながら、新鮮な魚介や丁寧に調理されたものをおなかいっぱいいただけます。

今回ご紹介するのは「居酒屋 よこちょう」京阪の神宮丸太町駅と三条駅のちょうど中間あたり、川端二条を北東に少し入ったところにあります。京都に住んでいると、魚のおいしいお店を見つけるのが難しく、運良く出会えた時には、たちまち気に入りリピートしてしまうのですが、この店もそんな1軒になりそうです。

店内に入り、ホワイトボードにずらっと並ぶ魚介の名前と、カウンターのガラスケースを見るだけでも、気分が高まります。この日は遅めの時間から5名で、アットホームな雰囲気の2階のテーブルで楽しくいただきました。

さっそく、お造りの盛り合わせをオーダーしたところ、あわびかさざえか貝類を聞いてくれました。もちろんここはあわびで注文。調理前の動くあわびを見せてくれたりと、お店の方の心遣いが嬉しくテンションは上がるばかりです。つやつやで大ぶりの切り身や、先ほどのあわびが大皿にぎっしりと盛られた姿は新鮮そのもの、迫力満点です。鯛は自家製ポン酢でいただくと、さっぱりとして鯛自体のうまみも十分に感じられました。あわびのコリコリした身、鯛のしっかりした身、甘エビのとろけるような甘さ・柔らかさなど、一皿で色々な食感が楽しめるお造りの盛り合わせのおかげで私達のお酒が進んだのは言うまでもありません。

そんな魚介料理や、本格的割烹を思わせる料理はもちろんですが、店名の通り気軽な居酒屋メニューも充実しており、いずれもハズレなしです。必ず頼んでしまう出し巻きや、大好物だという人も多いポテトサラダは、ほっと落ち着く味がします。天ぷら好きの同僚は、天ぷら盛り合わせをオーダーしました。京都らしくハモや彩りの良い季節の野菜が何種類も、山盛りになってきました。サクサクの衣にそれぞれ素材の味がグッと閉じ込められていて、シンプルで軽く、揚物独特のしつこさがないので、次々とあっと言う間に食べられます。

リーズナブルな値段設定と、種類も豊富で量もなみなみと注がれてくるお酒とで、まだまだ食べ盛り飲み盛りの私たちも大満足でした。「居酒屋」でありながら、新鮮な魚介や丁寧に調理されたものをおなかいっぱいいただけるなんて、これこそ贅沢だ、と思えるお店です。リピーターが多く、どうしても混んでしまうようなので、事前に予約していかれることをおすすめします。

店名 居酒屋 よこちょう
住所 京都府京都市左京区二条通川端東入難波町210
TEL 075-752-1531
営業時間 17:30〜22:00(L.O.)、土曜は17:00〜
交通 京阪鴨東線・神宮丸太町駅より徒歩10分

大きな地図で見る
pagetop
コミュ commu 京都発!土山印刷のWebマガジン 土山印刷株式会社WEBサイトへリンク お問い合せ