コミュ commu 京都発!土山印刷のWebマガジン

グルメレポート 京都名店探訪! 行ってきましたこんなお店

2010.3.15 March vol.49
Back number
バックナンバーを読む

さしみの魚紳(ギョシン)

推薦・レポート 管理本部

河原町三条から歩いて5分ほどの細い路地のビルの1階にある隠れ家的なお店です

今回ご紹介するお店「さしみの魚紳」は、京都の繁華街のど真ん中、河原町三条から歩いて5分ほどの細い路地のビルの1階にある隠れ家的なお店。店内はカウンターとテーブル2席の全25席程の落ち着いた雰囲気。新鮮な魚貝をいただけるこちらのお店、カウンターの前のネタケースには鯛やひらめ、牡蠣などの魚貝と共に見たこともないようなユニークな魚やきれいな魚が並んでいます。

最初に注文したのはやはりお刺身の盛り合わせ。この日は、太刀魚、はまち、桜鱒、鯖、よこわ、ひらめ、赤貝、真鯛の8種類。写真は二人前ですがそれぞれを適量にいただけて、太刀魚や桜鱒などお刺身で食べたことのない魚もあり、種類の多さが嬉しく、また味はどれも本当に最高でした。次に、お勧めいただいた早いもの勝ちの“かぶと”は塩焼、煮付け、酒蒸しなど好きな料理法を選べば合った魚を選んでいただけます。今回は煮付けを選ぶと鯛を調理してくださり見た目も豪華な一品が出てきました。味は薄味でゆずの香がきいていて、ゼラチン質や油ののった部分やしっかりした身の部分など、兜ならではのいろいろな食感も楽しめ隅々まで美味しくいただきました。他にもげその天ぷらや鉄火巻きなどの定番一品物を注文しても、プリプリした食感の天ぷらやお刺身を食べているような巻き寿司は素材の新鮮さが伝わってきます。そして席に着いた時から気になっていた魚、くちばしのように口が長く体も細長く赤い魚、“やがら”を塩焼きで注文。丁寧に焼かれて出てきたその魚はどんな味がするのか想像もつきませんでしたが、ユニークな見た目とは違い味は淡白な白身で癖がなく、すでにおなかは満たされてきていたにもかかわらずどんどんいただける美味しさでした。他にもめひかりやのどぐろ、黒むつといったなかなか他ではいただけないような魚もあり、それらは確かな目で市場から仕入れられたものばかり。こちらのお店のホームページでは日々の仕入状況をアップされていますのでそちらを確認してお目当てを見つけて行くのも楽しいと思います。

魚貝はもちろんどれもおすすめですが、お酒もいろいろな種類が揃っています。お酒も美味しくいただきおなかも満足、そこで絶対におすすめしたいのが、あらの味噌汁。あらの出汁が充分に出ていてお酒の後にぴったりです。大満足でお店を後にしました。是非みなさんに一度行ってみていただきたいこちらのお店、常に満席状態でしたので事前のご予約をおすすめします。

店名 さしみの魚紳(ギョシン)
住所 〒604-8032
京都市中京区河原町三条下ル4筋目BALビル東入ル
クラリオンビル1F
TEL 075-212-8661
URL http://www.osashimi.com/
営業時間 17:00〜23:00 ラストオーダー22:30
交通 阪急河原町駅徒歩7分、京阪三条駅徒歩5分

大きな地図で見る
pagetop
コミュ commu 京都発!土山印刷のWebマガジン 土山印刷株式会社WEBサイトへリンク お問い合せ