コミュ commu 京都発!土山印刷のWebマガジン

特集 カタログ診断について
Back number
バックナンバーを読む

特集 カタログ診断について

次の百年のメインクライアント探しに 没頭しております。
2010.3.15 March vol.49
東京営業所
サービス部門 1 多品種でしかも小ロット、品質は最高レベルの検品 一貫した品質保証管理システム 2高品質の印刷物、品質管理について お客様の手元に届いて、評価されてはじめて品質が決まる。 3特集 小ロットDMへの対応 どのようなオーダーにも品質優先で工程を設計。人手を惜しまないことが効率化と高品質につながっています。 4特集 突然のDM受注。厳しい納期を守るために 綿密なスケジュール調整と一貫した工程管理がカギ。お客様の要望には必ず応えます 5特集 納期がきびしい訂正シール対応 シール印刷から貼り込み作業までスケジュールと人員の管理をして全社をあげて納期を守ります。 6特集 大きさがさまざまな印刷物のセット 確認作業の徹底、セットから梱包、配送に至るまでの品質重視で多種小ロットに対応しています。 7特集 土山品質 「土山品質」は弊社の誇りであり武器です。社員の熱い思いと管理システムをもって取り組んでいます。 8特集 多様化する用紙ニーズに応えるために 再生紙から「FSC認証紙」へ。地球環境を意識し、お客様のニーズに対応する用紙提案を行っています。 9特集 協力会社の手配 社内で対応できないと判断した場合、納期はもちろん、協力会社の品質レベルや管理体制を考えたうえで依頼しています。 10特集 製造受注を強化 メディアの多様化に伴い印刷は減少傾向。製造本部としては受注を強化するために3つの取り組みを始めています。 11特集 ユニバーサルデザインを推進 誰にとっても分かりやすいユニバーサルデザイン。このたび点字カレンダー作成に取りかかりもうすぐ完成する予定です。 12特集 一元管理による品質保証 入稿から納品まで責任を持って管理。最良の製品に仕上げるため品質を重視し迅速でスムーズな工程を組んでいます。
13特集 ソリューション営業の実践 お客様とのコミュニケーションを図りながら問題解決のためのさまざまな提案をする「ソリューション営業」を実践しています。 14特集 出荷情報/在庫情報システムの活用 お客様を第一に考えてデリバリー品質の向上と在庫の徹底管理に取り組んでいます。 15特集 【MOTOYA COLLABORATION FAIR2009】に出展しました 16特集 JP2009 情報・印刷産業展に出展いたしました 17特集 第31回三谷情報フェアに出展|三谷産業株式会社様より、情報フェア出展のお誘いをいただき、7月9・10日の2日間の日程で出展参加させていただきました。 18特集 ロゴQの提案事例 19特集 動画を活用したビジネスブログ展開 20特集 品質意識とKY活動 21特集 クリエイティブビジネスマーケットに出展しました 22特集 2010年 総合カタログプロジェクトで新規開発 23特集 講演「今、求められるDMとは?」 24特集 カタログ診断について

カタログに技術者の目線で約30項目の診断をします

カタログ診断は、元々製造部がカタログ納品後来年度カタログをより良いものにする為、反省会用として使われておりました。この反省会でのチェック項目を利用し、クライアントサービス用及び新規訪問用として開発致しました。

具体的な使用方法としては、新規得意先初回訪問時に「弊社が御社にお役に立てる第一の証明としてカタログ診断を提案させてください。弊社へカタログを発注するしないに関わらず、御社がカタログを今後作って行く際のお役に立てて頂ける内容です。弊社の社長が技術の責任者である工場長に、お客様の声を聞きなさいと言う指示の一環で工場長が次回同行し直接説明を致します。営業は良い話しかしませんが、工場長は御社のカタログを技術者の目線で約30項目の診断をしますので、ありのままを言いますがどうぞ宜しくお願いします。」とお願いをします。殆どのクライアント様が診断を受けて頂けます。

狙い・目的としては、
1,お客様の悩みが判る。改善策が提言できる。
2,我社のカタログ作りへの姿勢をご理解頂ける。
3,工場長が自ら出向く事により客先の上位者と深い改善策が検討できる。
4,6色分解エンジンや高精細印刷(我社の技術特長)を技術者の立場から説明する為、初回訪問時の営業説明を肉付け補足をする事が出来る。

カタログ診断の様子

典型的成功事例としては、A社2回目訪問にてカタログ診断をしたところ、ご担当者様が診断終了後急にノートとペンを取り出し「上司に報告をするのでもう一度詳しく教えてください。」と言って頂き、再説明が終わった後に「実は診断して頂いたカタログは1度刷り直しています。今ご指摘を受けたところは、刷り直しても直らなかったところです。次回正式な見積を持ってきて下さい。」と1ヶ月もしないうちに、カタログをご発注頂きました。

またお客様の声として頂いているのは、
1,「技術の責任者がわざわざ出向いて頂いた印刷会社は今までになかった。」
2,「印刷の発注を長い間しているが、先進の技術が理解できた。」
3,「土山印刷のカタログ作りの真剣さが伝わってきた。」
等の意見を頂いております。

カタログ診断チェックシート

カタログ診断は、我社のカタログ作りの経験値とノウハウ+技術がミックスされたもので、初回訪問時の営業説明を裏付け、技術への取組の真剣さを表現できる大切なお客様との対話集と考えています。拙い私のコラムをお読みになりご興味の沸いたカタログご担当者様がいらっしゃれば、是非ご連絡を下さい。

我社は100年近いの歴史が有り、一見的な取引を目指してはおらず長くお付き合いをさせて頂き、お互いがWIN,WINの関係になる事を目指しております。今後も更なる技術革新と直向な取組・営業活動を次の100年へ向け続けて参りますので、どうぞ宜しくお願いします。

<カタログ診断のご要望はこちらをクリック>

pagetop
コミュ commu 京都発!土山印刷のWebマガジン 土山印刷株式会社WEBサイトへリンク お問い合せ