コミュ commu 京都発!土山印刷のWebマガジン

グルメレポート 京都名店探訪! 行ってきましたこんなお店

2011.2.15 February vol.60
Back number
バックナンバーを読む

ダイニングバー ICHOYA(イチョウヤ)

推薦・レポート 管理本部

店内はインテリアがたくさん飾られてあり、落ち着いた中もモダンでお洒落な雰囲気です。

今回は京都駅から徒歩約10分、西本願寺前のダイニングバーICHOYAをご紹介します。 京都らしい佇まいのお店で店先はお土産物を販売されており、奥にテーブルと座敷のお食事スペースが広がっています。 店内は木や竹を使用した和風な空間にお店の名前にちなんでイチョウの葉を使ったインテリアがたくさん飾られてあり、落ち着いた中もモダンでお洒落な雰囲気に包まれています。

メニューも湯葉や生麩などが中心の京都らしい食材をふんだんに使用したものが多く、一品物も充実していますが今回は その中から人気の品を選りすぐったICHOYAコースをお願いしました。

全8品のコースで、最初に出てきたのは大根サラダでした。よくある大根サラダとは明らかに違い、大根の薄切りに湯葉をたっぷり乗せ、お出汁のきいた餡がドレッシングとしてかけられています。大根のさっぱりしたサラダと湯葉にしっかり味の餡が絡んであっという間になくなってしまいました。

その後はくみ上げ湯葉と生ハム、おからの湯葉春巻き、湯葉のオムレツと湯葉を使った料理が続きます。それぞれに調理法が違っていて同じ湯葉でもいろいろな食感や味を楽しませていただけます。次に出てきたのは生麩のフライ。お味噌のソースとお洒落に盛り付けられた生麩はもちもちした食感はもちろん、見た目にも美味しい一品でした。

ここまで京都の名店の湯葉や生麩を続けていただき満足した中、そろそろお肉が欲しいかな、といったタイミングで出てきたのが鳥のから揚げ。こちらもただのから揚げだけではなく、一緒に野菜がたっぷり入っていて甘くて辛いアジア風チリソースがかかっていて外はパリッと中はジューシーに揚げられたから揚げにぴったりです。お肉もいただきお腹も満足してきたところで締めのご飯物は名物湯葉丼でした。あっさりしたお出汁とたくさんの湯葉をとろとろ卵でとじてあり山椒を利かせていただきました。メニューにはICHOYA始まりの品とあるだけあってこの丼だけでもまた食べに来よう、と思う締めの一品でした。最後のデザートは抹茶の生キャラメル。濃い抹茶がさっぱりして最後まで京都らしさを感じることが出来ました。

今回はディナータイムのコース(3,500円)をいただきました。飲物もビール、日本酒、ワイン、焼酎、カクテルなど揃っています。京都観光に来られる方はもちろん、京都にお住まいの方も楽しんでいただけるお店です。是非一度足を運んでみてください。

店名 ICHOYA(イチョウヤ)
住所

〒600-8349

京都市下京区堀川通西本願寺前境町100-1

営業時間 【ランチ】11:00〜15:30
【ディナー】17:30〜0:00
定休日:月曜日
TEL 075-371-6665
URL http://www.ichoya.jp/
交通 京都駅から徒歩10分

大きな地図で見る
pagetop
コミュ commu 京都発!土山印刷のWebマガジン 土山印刷株式会社WEBサイトへリンク お問い合せ