コミュ commu 京都発!土山印刷のWebマガジン

グルメレポート 京都名店探訪! 行ってきましたこんなお店

2011.3.15 March vol.61
Back number
バックナンバーを読む

浜作/Anti dilettante

推薦・レポート マーケティング室・小島祥久

隠れ家的カフェが2Fに存在する祇園老舗割烹

祇園甲部歌舞練場徒歩5分にある、八坂神社の南側に位置する『京ぎをん 浜作』にお邪魔してきました。
今回いただいたのはランチのおきまりコース「椿」です。季節の素材を活かした上品なコースです。
 <コース内容>
 ・ 八寸浜作風
 ・ お吸い物
 ・ 縁高
 ・ 季節の蒸し物
 ・ 季節のごはん

はじめは、八寸です。八寸ほどの大きさのお盆に小鉢が並んだものです。揚げ出し豆腐、牛肉の煮付、あわびのうに和え、ぬた、きゅうりの胡麻和え、白和え、海老の揚げパンの7種盛り。バラエティーに富んだヘルシーなお料理だったので、サクサク食べてしまいました。

その次は、お吸い物として、胡麻豆腐のとき辛子仕立てのお味噌汁が出てきました。濃厚なごま豆腐と白味噌の甘みにとき辛子の風味が味わいをより豊かにしておりました。

3品目は、縁高です。高野豆腐のおひたし、大根の煮物、海老の天ぷら、ナス田楽、鰆の西京焼の5種盛り。大根はふっくら柔らかく、甘い味噌との相性がとても良く、海老の天ぷらはほんのり塩がかかっておりさっぱりしておりました。
とても上品な味わいでした。

4品目は、茶碗蒸です。あんかけになった茶碗蒸しの中には、豆腐やしいたけが隠れていたのですが、中でも梅肉がとてもアクセントになっており美味しかったです。
最後は、季節のお漬物と雑魚でごはんをいただきました。

1Fでコースをいただいた後は、お店の奥の階段から入る2Fのカフェサロン『Anti dilettante』でデザートをいただきました。老舗割烹の中でも2Fがカフェになっているお店は少ないのではないでしょうか。どこか明治初期をイメージさせるような西欧文化と日本文化が融合したモダンなインテリアに囲まれた心静まる雰囲気。文化人の隠れ家といった印象を持ちました。テレビでも取り上げられたという、上品な甘さがなんとも言えない「コーヒー善ざい」をいただきながら、ソファ席でゆっくりと優雅な時間を過ごさせていただきました。靴を脱ぐ和風スタイルであったこともあいまって、かなりリラックスしてしまいました。

2Fのカフェサロンだけのご利用も可能ということなので、祇園は敷居が高いと敬遠しがちな小生のような方も是非一度足を運ばれてはいかがでしょうか。

今回は、休日のお昼にお邪魔させていただいたのですが、海外からの家族連れのお客さんも見うけられ、遠方からのお客様ともに和の文化を一緒に楽しめたこともとても印象深かったです。

○今回頂いたメニュー(1人前)
 ・ ランチのおきまりコース『椿』 4,000円(税、サービス料別)
 ・ コーヒー善ざい 1,000円(税、サービス料別)

店名 浜作/Anti dilettante(はまさく/アンティディレッタント)
住所

〒605-0825

京都市東山区祇園八坂鳥居前下ル下河原町498

営業時間 【ランチ】11:30 〜 15:00 (14:30ラストオーダー)
【ディナー】17:00 〜 (21:00ラストオーダー)
定休日:水曜日
TEL 075-561-0330
URL http://www.hamasaku.com/hamasaku/index.html
交通 京阪四条駅より徒歩10分、市バス「祇園」より徒歩3分

大きな地図で見る
pagetop
コミュ commu 京都発!土山印刷のWebマガジン 土山印刷株式会社WEBサイトへリンク お問い合せ