コミュ commu 京都発!土山印刷のWebマガジン

京都歳時記 京都でおでかけ! はんなりスポット

2011.6.15 March vol.64
Back number
バックナンバーを読む
京都歳時記 京都でおでかけ! はんなりスポット:コミュ commu 京都発!土山印刷のWebマガジン

沙羅の花を愛でる会 6月15日(水)~30日(木)

沙羅双樹の花の色、盛者必衰の理をあらわす・・

京都市右京区花園妙心寺町にある妙心寺の塔頭東林院は、本堂前の庭園に沙羅の木(ナツツバキ)があることから「沙羅双樹の寺」とも呼ばれています。
沙羅双樹は、お釈迦さまが入滅された際に一斉に花を咲かせ、その死を悲しんだとされ、古来仏教とゆかりの深い銘木と言い伝えられます。

梅雨の時期に白い椿のような五弁の花を咲かせますが、朝に咲いて夕方には散ってしまう「一日花」としても知られています。

この沙羅の花の見ごろに合わせ東林院では6月15日(水)~30日(木)までの期間「沙羅の花を愛でる会」として特別公開(※)されます。
梅雨時の蒼苔の下に散り敷く白い花を愛でながらお抹茶が頂け、ご住職の法話を拝聴することができます。
・拝観料:お抹茶付1,580円 / お抹茶と精進料理付5,570円

京都には特定の花の名で通称する寺院が数多く存在します、その季節に合わせて訪れるというのも趣きがあってよいのではないでしょうか。

※普段は非公開の寺院ですが、下記の期間は特別公開となります。
・小豆粥で初春を祝う会 1月15日~1月31日
・梵燈のあかりに親しむ会 10月上旬

場所 妙心寺東林院
日程 平成23年6月15日(水) ~ 6月30日(木)
9時30分から16時
住所 京都市右京区花園妙心寺町59
交通 JR山陰線「花園駅」から徒歩8分
京福電車「妙心寺駅」から徒歩12分
市バス91「妙心寺前」から徒歩6分
問い合わせ 075-463-1334


大きな地図で見る

pagetop
コミュ commu 京都発!土山印刷のWebマガジン 土山印刷株式会社WEBサイトへリンク お問い合せ