コミュ commu 京都発!土山印刷のWebマガジン

グルメレポート 京都名店探訪! 行ってきましたこんなお店

2011.10.15 october vol.64
Back number
バックナンバーを読む
Caffe della Donna (カフェ デラ ドンナ)

Caffe della Donna (カフェ デラ ドンナ)

推薦・レポート DTP課 上谷 弘

しっかり食べたいときやアルコールを楽しみたいときにも利用できるオールマイティなお店です。

ハンバーグ

ワンプレートカフェ晩ご飯

ロコモコ

 伏見の大手筋商店街から少し路地に入ったところにあるお店「Caffe della Donna (カフェ デラ ドンナ)」。京阪電車・伏見桃山駅や近鉄電車・桃山御陵前駅から徒歩で5〜6分のところにあります。階段を少しあがったところにある入り口は、ほんのりライトアップされてアットホームな感じです。

 今回は、晩ご飯をいただきました。「ワンプレートカフェ晩ご飯」は6種類くらいのメインプレートから1品とミニプレートから2品選んで1,500円とリーズナブル。しかもパンorライス、サラダ、コーヒーor紅茶付きです。200円プラスすると飲み物をアルコールに変更する事も可能です。
ポークジンジャー・オニオンリングとお漬け物を選んで、ビールを頼みました。他にも「ピザ」「パスタ」「ご飯プレート」などがあり、こちらも1,000円以下。ご飯プレートからロコモコをチョイス。ハンバーグ単品とフライドポテトなど、欲張ってたくさん頼んでしまいました。

 ハンバーグは、コロンとした丸い形でデミグラスソースがたっぷりかかっていました。つけあわせにサラダがついており、しっかりと中身がつまっているので見た目よりも食べごたえがあります。ロコモコは、野菜もたっぷり入っていて見た目もきれい。ご飯もちょうどいい量でした。最後に登場したのがポークジンジャーです。いわゆる"生姜焼き"を想像していたらいい意味で裏切られました。肉厚です。お味もどことなく上品でした。選んだミニプレートのオニオンリングもサクサクで大正解。お漬け物もおいしくいただきました。デザートにはしっかりチョコレートパフェやパンプキンプリンまで…。満腹・大満足でした。

 アルコール類もビールや焼酎からウィスキー・カクテルと豊富に取り揃えられており、フードメニューも多くありました。もちろん紅茶やコーヒー、デザートなどのカフェらしいメニューもあります。今回は夜に行きましたが、ランチタイムやティータイムにも行ってみたいと思いました。

 お店の名前はイタリア語で"おばさんのカフェ"という意味だそうです。名前の通りアットホームで落ち着いた店内。カフェですが、しっかり食べたいときやアルコールを楽しみたいときにも利用できるオールマイティなお店です。家族連れやひとりでも気軽に入れる素敵なお店でした。

 御香宮や伏見稲荷があり、大河ドラマ「江」でもたびたび登場する伏見。商店街では古地図を元に史跡を回遊する「伏見城下探索道行」や戦国時代の武将や町衆などの衣装を身にまといパレードをする「戦国武者風俗大行列」などのイベントがおこなわれるようです。お近くに行かれる際には、ぜひお店に立ち寄ってみてください。

店名 Caffe della Donna (カフェ デラ ドンナ)
住所

〒603-8451

京都市伏見区瀬戸物町732ピックド1 1F

営業時間 10:00〜23:00
定休日 水曜日
TEL 075-612-8108
交通 京阪電車:伏見桃山駅下車 徒歩5分

大きな地図で見る
pagetop
コミュ commu 京都発!土山印刷のWebマガジン 土山印刷株式会社WEBサイトへリンク お問い合せ