コミュ commu 京都発!土山印刷のWebマガジン

100周年記念 土山印刷イメージソング「土山印刷の唄」
Back number
バックナンバーを読む

100周年記念 土山印刷イメージソング「土山印刷の唄」

100周年実行委員会広報チームです。
2011.11.15 November vol.69
管理本部 小山智代

 7月に行われCommuでもご紹介いたしました土山印刷100周年記念式典でお披露目された当社イメージソング「土山印刷の唄」をご紹介いたします。

 100周年の記念に社歌を作りたいという社長土山の想いを受け、京都在住のシンガーソングライター 原田博行様に作詞作曲をして頂き素晴らしいイメージソングが出来上がりました。

原田博行様

原田博行様プロフィール

1968年2月22日生まれ
ハラダイス(原田のパラダイス、原田の周辺に広がる原田博行の人間関係が作り出している世界の総称)拡大に命を賭けるシンガー フォークソングライター&ティーチャー。
毎週水曜日夜9時からαステーション(89.4FM)にて「HARADISE RADIO」DJを担当。また、京都を中心に、東京、横浜を始め、全国でライブ活動を行っている。

 

 

完成までの道のり

 まず最初に、弊社社長土山の社歌に込める想いを原田先生にヒアリングして頂き、元歌を作って頂きました。優しく落ち着いた中にも力強さが感じられるメロディーに印刷をイメージする言葉を用いて当社のこれまでの歴史とこれからの未来を想像させる明るい歌詞をつけてくださいました。この曲は全社員のものでありたいということで各部門から集められた実行委員と原田先生とで更にアレンジしていきました。実行委員からは、「もっと現場で使う用語を入れよう」「自分たちは商品ユーザーとお客様企業をつなぐ架け橋でありたい」などの熱い想いが加わり、完成したのが「土山印刷の唄」です。
 タイトルも社内公募され、真っ直ぐなイメージが良かったということで決定しました。現在は毎日昼休みに社内放送し、社内の雰囲気をいっそう明るくしてくれています。

 原田先生に作っていただいたこの曲を大切にし、歌詞にもあるような熱い想いでこれまでの歴史と経験を生かしながらこれからも新たな事に挑戦してまいります。

土山印刷の想いが詰まった曲をぜひ一度聞いてみてください。

「土山印刷の唄」

pagetop
コミュ commu 京都発!土山印刷のWebマガジン 土山印刷株式会社WEBサイトへリンク お問い合せ