コミュ commu 京都発!土山印刷のWebマガジン

グルメレポート 京都名店探訪! 行ってきましたこんなお店

2011.11.15 November vol.69
Back number
バックナンバーを読む
Piccollo Mondo Yamada(ピッコロモンド・ヤマダ)

Piccollo Mondo Yamada(ピッコロモンド・ヤマダ)

推薦・レポート DTP課 網師本真理子・山口智恵子・一瀬佳苗

五感で地中海の雰囲気を楽しめるイタリアンごま料理のレストラン

オープンキッチンに石釜があります

イタリアのバールみたいな雰囲気

ピッツァ・ヤマダ

鶏のラグーと白ごまクリームソースのフェットチーネ

和牛のロースト

 ごま油が有名な山田製油ショップ隣のイタリアンごま料理のレストランです。風味が良く健康にもとても良いごま油が、オリーブオイルのようにさまざまな料理にふんだんに使われていて、丹波の豚や採れたての地野菜と絶妙な相性です。
 大きなカウンターからはダイナミックにオープンキッチンが見渡せてピッツァを石釜で焼く様子も楽しく、スペインのマヨルカ島をイメージした、白い壁に大きな梁のあるゆったりした店内で雰囲気もそのままご馳走です。

 さて主役のごまは、石釜で焼かれるもっちりピッツァには生地に練り込んであったり、パスタのクリームソースにはコクのある練りごまを使ってあったりと、それぞれの素材を最高に引立てる登場のしかたで、雰囲気に任せて「ヴォーノ!」と言いたくなります。
 今回は少し欲張って【今月のおすすめコース】を頂きましたので、詳細レポートいたします。

 前菜はイベリコ豚のパテ。付合せは茸・ドライトマト・かぶ。濃厚なのにほんのり森の香りが清々しく爽やかな食感です。
 パンはバケットと自家製黒ごまのフォカッチャで、一般的にはオリーブオイルのみですが、ごま油もつけて頂きます。これが意外と合うのです!
 「バターナッツ」という品種のカボチャで作ったスープはカボチャの甘味とコクが生き生きとした逸品。
 デュラムセモリナ粉使用の打ち立て自家製生パスタは、今月は「鶏のラグーと白ごまクリームソースのフェットチーネ」。全ての素材のハーモニーは研鑽の賜物なのでしょう。感嘆です。
 ピッツァは数種類から選べます。今回はお店の名前がついた「ピッツァ・ヤマダ」をいただきました。石釜からアツアツで饗されたピッツァの上には、モッツァレラ・ゴルゴンゾーラ・黒ごま・白ごま・松の実・蜂蜜がたっぷり! チーズが苦手な方でも蜂蜜でまろやかになったこのピッツァは美味しく食べられるかも。
 お次はお魚。サンマの香草パン粉焼き・白インゲントマト煮込み添えです。外はサクサク、中はジューシー。トマトとバルサミコの酸味があとを引きます。
 メインは和牛のロースト・粒マスタード・パルメザンとルッコラ添え。柔らかくて良質な脂がたっぷり。
 デザートまでごまを贅沢に使用。黒ごまのアイス・白ごまのパンナコッタ・黒ごまソースのプリンの三種盛りです。

 その他にチーズやワインの種類も豊富で、グラスワイン525円〜、各種タパス315円〜なので、タパスや生ハムをアテに仕事帰りに軽く一杯など気軽にリーズナブルにも楽しめます。
 五感で地中海の雰囲気を楽しみたい時にはぴったりなお店です。ピッツァはテイクアウトもできるので、隣でごま油を買ったついでなどにも是非おすすめです。

店名 Piccollo Mondo Yamada(ピッコロモンド・ヤマダ)
住所

京都市西京区桂巽町4番地

営業時間 ランチタイム:AM11:30〜PM2:00(LO) PM3:00(Close)
ディナータイム:【月〜土】PM6:00〜PM10:00(L.O.) PM11:00(Close)
           【日】PM 5:00〜PM 9:00(L.O.) PM10:00(Close)
定休日 水曜日
TEL 075-381-3666
URL http://www.pyamada.jp/
交通 阪急電車:桂駅下車 徒歩10分
■駐車場完備 ■予めのご予約をおすすめします。

大きな地図で見る
pagetop
コミュ commu 京都発!土山印刷のWebマガジン 土山印刷株式会社WEBサイトへリンク お問い合せ