コミュ commu 京都発!土山印刷のWebマガジン

グルメレポート 京都名店探訪! 行ってきましたこんなお店

2012.3.15 March vol.73
Back number
バックナンバーを読む
冨田屋(とんだや)

冨田屋(とんだや)

推薦・レポート 丸山哲秀

老い松が見える能が舞われた特別なお座敷に座ってお食事を頂けます。

八寸、白酒

鯛と鮪の手まり寿司

大根炊き

ぶぶづけ弁当

蛤の白味噌仕立てのお吸い物

苺

「お抹茶と引千切(ひちぎり)餅

老い松が見える能が舞われた特別なお座敷に座ってお食事を頂けます。
お客様が座る後ろの壁には永平寺の貫首から送られた「徳感人(とくかんじん)」すなわち徳を感じる人という、お客様を尊敬し敬う書が掛けられています。
お食事で使われている食器は明治時代のものを中心に当主が厳選した食器です。
使うたびに蔵から出して使用されています。

まず「八寸」と「白酒」を頂きます。
程よい甘さの厄よけの豆、春の息吹を感じる新芽、桜の型で切り抜いたハンペンとチーズ、白酒はスッキリと甘過ぎず花のような香りがしました。

次に「鯛と鮪の手まり寿司」一口サイズでとてもかわいらしく、鯛は山椒の葉の香りで上品な味わいに。

次は温まるあんかけの「大根炊き」。
京都らしい少し甘めのあんにアクセントの白髪葱がたっぷりと。味のコントラストを楽しめます。

大根でほっこり温まった後は「ぶぶづけ弁当」を頂きます。
このお弁当はお茶会の時に点心としてお客様にお出しするもののようです。様々な種類の京漬け物をご飯とともに頂きます。どのお漬け物から頂こうかと迷うのも、このお弁当ならではの楽しさです。

そしてお料理の最後はやっぱり京都のお雛会。
「蛤の白味噌仕立てのお吸い物」
蛤で白味噌は珍しいとの事ですが、そこは京らしく白味噌で。やさしい白味噌の甘さでお腹も満足に。

デザートの「苺」
実は半分に切られています。
竹フォークでも丸かぶりにならないように、上品に頂けるさりげない心使いが嬉しいです。

「お抹茶と引千切(ひちぎり)餅」
引千切餅は京都のお雛祭りの代表的な上生菓子です。
昔、姫君のお雛祭りのお祝い時にとても沢山のお客様が集まり、餅を丸めるのが間に合わずひっちぎったお餅をお客様にお出しした事から引千切餅と呼ばれる事になったそうです。
これは京都ならではのお菓子で関東では見られないようです。

お部屋、食器、お料理、季節の行事を通して京都の歴史を感じてみませんか?
お食事後、少し歩けば北野天満宮へお参りできます。

店名 冨田屋
営業時間 2月20日〜4月3日(11:00〜13:00)
定員 20名(ご予約は2名様以上から)
TEL 075-432-6701
住所 〒602-8226
上京区大宮通一条上る
交通 【タクシー】京都駅より約15分
【市バス】一条戻り橋下車徒歩 約3分/今出川大宮下車 徒歩 約3分
URL http://www.tondaya.co.jp/

大きな地図で見る
pagetop
コミュ commu 京都発!土山印刷のWebマガジン 土山印刷株式会社WEBサイトへリンク お問い合せ