コミュ commu 京都発!土山印刷のWebマガジン

京都歳時記 京都でおでかけ! はんなりスポット

2012.4.15 April vol.74
Back number
バックナンバーを読む
京都歳時記 京都でおでかけ! はんなりスポット:コミュ commu 京都発!土山印刷のWebマガジン

つつじ・しゃくなげ園

つつじが咲き乱れる京都の花寺・三室戸寺で、新緑と初夏の風を感じましょう。

宇治の三室戸寺は「あじさい寺」とも称され、紫陽花・蓮・紅葉の名所として有名ですが、つつじの規模も関西屈指のもので(関西の寺社ではナンバーワン)、敷地内には5千坪の広さを誇る庭園「与楽苑」があり、平戸つつじ・霧島つつじ・久留米つつじ・三つ葉つつじ等約2万株、しゃくなげ1千株が公開されます。

例年はゴールデンウィーク前後に満開となり、紫・ピンク・白の花々が見事に咲き誇り、周囲は華やかなムードでいっぱいになります。尚、「つつじ園」終了後の6月1日からは「あじさい園」が開園され、1万株のあじさいが杉木立の間に咲く様は紫絵巻のように素晴らしい景観で、夜のライトアップも幻想的です。

一方、三室戸寺の本堂前には一風変わった狛犬ならぬ「狛牛」と対面して「狛兎」が安置されています。狛牛は勝運祈願の宝勝牛といわれ、牛がくわえている牛玉の観音様に触れると勝運に恵まれるそうです。狛兎は高さ150cmの巨大なもので、兎は大きな玉を抱いています。その玉の中に卵型の石があり、それが立てば願いが通じると云われています。

また本堂前へ向かう階段をのぼると、宇賀神の像が鎮座しています。頭は老翁・体は蛇で、蓮に乗る何とも不思議な姿の蛇神で、宇賀神を撫でると財運(金運)・良運がつくと云われています。三室戸寺にとっては、狛牛・狛兎に続く「狛蛇」ともいえる像。

そんなユニークな狛たちが待つ京都の花寺・三室戸寺へ、花を愛で、良運をつかみに、ぜひ一度足を運ばれてみてはいかがでしょうか?

場所 三室戸寺「つつじ・しゃくなげ園」
日程 平成24年4月21日〜5月13日
8時30分〜16時30分(拝観最終受付は30分前まで)
住所 〒611-0013
京都府宇治市菟道滋賀谷21
交通 京阪三室戸駅下車、東へ徒歩約15分
JR・京阪宇治駅下車、京阪宇治バス「三室戸寺」下車すぐ
URL http://www.mimurotoji.com/
問い合わせ 0774-21-2067

大きな地図で見る
pagetop
コミュ commu 京都発!土山印刷のWebマガジン 土山印刷株式会社WEBサイトへリンク お問い合せ