コミュ commu 京都発!土山印刷のWebマガジン

グルメレポート 京都名店探訪! 行ってきましたこんなお店

2012.5.15 May vol.75
Back number
バックナンバーを読む
槐(えんじゅ)

槐(えんじゅ)

推薦・レポート 藤本美栄

学生の町に息づく憧れの正統派フレンチレストラン

ポタージュ

ポロ葱のサラダ

サーモンのカニ香草ゼリー寄せ

リヨン風サラダ

鶏胸肉のフォラグラ詰め

スズキのアーモンド焼き

ナヴァラン

4種選べるチーズ

デザート

京都大学と京都造形大学のほど近くにあるLeBellecour(ル・ベルクール)は、周辺の学生憧れのフレンチレストランです。

学生のころ、どきどきしながらお店の前を通っていたことを懐かしく思い出します。その風格は今も変わらず、訪れるお客様を特別な気持ちにさせてくれる、オーセンティックが息づいております。

Le Bellecourのお昼のコース 3200円
 スープorワイン
 前菜1品 (5種の中から選べます)
 主菜1品 (5種の中から選べます)
 チーズ(4種)orデザート(+700円で両方)
 コーヒーor紅茶

今回は3人で訪問させていただきましたので、3種の前菜と主菜をご紹介させていただきます。

前菜1つ目は温かいポロ葱のサラダ、ホタテ添え。2つ目はサーモンのカニ、香草ゼリー寄せ、リエット添え。キラキラ輝いています。ディル、チャービル、イタリアンパセリなどの香草がサーモンを引き立てます。3つ目はリヨン風サラダです。

主菜の1つ目は鶏胸肉のフォアグラ詰め、ポロ葱添え。表面をカリカリにソテーされた鶏肉が食欲をそそります。2つ目はスズキのアーモンド焼き。3つ目はナヴァラン(仔羊と春野菜の煮込み)。どのお料理も、素材に合った熟練されたソースでいただくことができます。
鶏胸肉にはジューシーな鶏のスープとたっぷりのバターの粒マスタードソース、あっさりとしたスズキには香ばしいアーモンドソース、子羊の香り高いナヴァラン。どっしりとしたお料理で、見た目も美しく、大変満足感があります。

チーズはたくさんある中から4種類選ぶことができます。あまりの可愛さに驚かされたデザートは、タルトは温かくてさっくり、ラム酒のきいた冷たいチョコムースはお皿もひんやりと冷やされ、行き届いた演出がたいへん嬉しいです。

オーナーシェフ松井さんのお人柄があたたかく、お客さんとのチーズ談義などは、大人になった今でも心がときめきます。
ゆったりとした店内で、お昼は小学生からご年配の方まで、お客さまの層も幅広いようでした。

御影通りをはさんでお向かい鎮座する田中神社には、なんと美しい孔雀が!運がよければ羽を広げて美しい姿を見せてくれます。お時間があれば、お参りに行かれてはいかがでしょうか。

 

店名 Le Bellecour(ル・ベルクール)
営業時間 [昼] 11:30〜14:30(最終入店時刻)
[夜] 17:30〜21:30(最終入店時刻)
定休日 月曜日
TEL 075-711-7643
住所 〒606-8227
京都市左京区田中里ノ前町59
交通

叡山電鉄 元田中駅より5分

市バス 百万遍バス停より10分


大きな地図で見る
pagetop
コミュ commu 京都発!土山印刷のWebマガジン 土山印刷株式会社WEBサイトへリンク お問い合せ