コミュ commu 京都発!土山印刷のWebマガジン

京都歳時記 京都でおでかけ! はんなりスポット

2012.5.15 May vol.75
Back number
バックナンバーを読む
京都歳時記 京都でおでかけ! はんなりスポット:コミュ commu 京都発!土山印刷のWebマガジン

吉祥院天満宮

新緑の美しい自然の中でこの歴史深い神事に触れ日頃の食に感謝する

8月の京都では各地で、国の重要無形民俗文化財に指定されている六斎念仏が行われます。その中で、鉦(かね)や太鼓、笛を打ち鳴らしながらの念仏踊に、能楽や歌舞伎などの要素をとりいれるなどして芸能や娯楽としての色を強めながら発展してきたものは、特に芸能六斎と呼ばれることもあります。ここ吉祥院も、古くから六斎念仏が盛んに行われていた土地で、今も吉祥院天満宮の大祭に合わせて4月25日と8月25日の年2回、六斎が奉納されています。この夏季の大祭の日には、例年多くの出店も並び、地元の小中学生の絵画の展示などもあり、たくさんの人でにぎわいます。

さて、こちらの吉祥院天満宮は、934年に最初の天満宮として創建されたといわれています。このあたりは一説では菅原道真生誕の地とされており、道真が遠く太宰府の地で没した後31年目に、朱雀天皇の勅命により、その御霊を祀ったのが始まりと伝えられています。またそれに先だって、道真の祖父・清公が唐に向かう途中、暴風にあったところを吉祥天女の霊験を得て救われ、無事に渡航し遣唐使としての任務を果たし帰国後に自邸に吉祥天女を祀ったことが、吉祥院という地名の由来であるといわれています。

場所 吉祥院天満宮
日程 8月25日(土) 午後8:00〜
住所 〒601-8331
京都市南区吉祥院政所町3
交通 JR西大路駅より徒歩約15分
市バス吉祥院天満宮前より徒歩約5分
問い合わせ 075-781-0010

大きな地図で見る
pagetop
コミュ commu 京都発!土山印刷のWebマガジン 土山印刷株式会社WEBサイトへリンク お問い合せ