コミュ commu 京都発!土山印刷のWebマガジン

6色高級カタログ事業の紹介
Back number
バックナンバーを読む

6色高級カタログ事業の紹介

2013.3.15 March vol.85
営業本部
サービス部門 1 多品種でしかも小ロット、品質は最高レベルの検品 一貫した品質保証管理システム 2高品質の印刷物、品質管理について お客様の手元に届いて、評価されてはじめて品質が決まる。 3特集 小ロットDMへの対応 どのようなオーダーにも品質優先で工程を設計。人手を惜しまないことが効率化と高品質につながっています。 4特集 突然のDM受注。厳しい納期を守るために 綿密なスケジュール調整と一貫した工程管理がカギ。お客様の要望には必ず応えます 5特集 納期がきびしい訂正シール対応 シール印刷から貼り込み作業までスケジュールと人員の管理をして全社をあげて納期を守ります。 6特集 大きさがさまざまな印刷物のセット 確認作業の徹底、セットから梱包、配送に至るまでの品質重視で多種小ロットに対応しています。 7特集 土山品質 「土山品質」は当社の誇りであり武器です。社員の熱い思いと管理システムをもって取り組んでいます。 8特集 多様化する用紙ニーズに応えるために 再生紙から「FSC認証紙」へ。地球環境を意識し、お客様のニーズに対応する用紙提案を行っています。 9特集 協力会社の手配 社内で対応できないと判断した場合、納期はもちろん、協力会社の品質レベルや管理体制を考えたうえで依頼しています。 10特集 製造受注を強化 メディアの多様化に伴い印刷は減少傾向。製造本部としては受注を強化するために3つの取り組みを始めています。 11特集 ユニバーサルデザインを推進 誰にとっても分かりやすいユニバーサルデザイン。このたび点字カレンダー作成に取りかかりもうすぐ完成する予定です。 12特集 一元管理による品質保証 入稿から納品まで責任を持って管理。最良の製品に仕上げるため品質を重視し迅速でスムーズな工程を組んでいます。
13特集 ソリューション営業の実践 お客様とのコミュニケーションを図りながら問題解決のためのさまざまな提案をする「ソリューション営業」を実践しています。 14特集 出荷情報/在庫情報システムの活用 お客様を第一に考えてデリバリー品質の向上と在庫の徹底管理に取り組んでいます。 15特集 【MOTOYA COLLABORATION FAIR2009】に出展しました 16特集 JP2009 情報・印刷産業展に出展いたしました 17特集 第31回三谷情報フェアに出展|三谷産業株式会社様より、情報フェア出展のお誘いをいただき、7月9・10日の2日間の日程で出展参加させていただきました。 18特集 ロゴQの提案事例 19特集 動画を活用したビジネスブログ展開 20特集 品質意識とKY活動 21特集 クリエイティブビジネスマーケットに出展しました 22特集 2010年 総合カタログプロジェクトで新規開発 23特集 講演「今、求められるDMとは?」 24特集 カタログ診断について
プリプレス 25特集 新規開発プロジェクトに取組む土山印刷営業部です 26特集 高品位印刷の営業について 27特集 スイッチングコストの壁を破る 28特集「JUMP近畿2010」にて講演いたしました 29特集 新年のご挨拶 30特集 新年のご挨拶 31 6色高級カタログ事業の紹介

「お客様がコンペチターに圧倒的に勝てるカタログを提供する」をコンセプトにプロジェクトを立ち上げ推進しております

私共営業本部では6色高級カタログ事業・多店舗展開事業・総合エネルギー支援事業の3事業を推進しております。今回は、その中の6色高級カタログ事業をご紹介いたします。

6色高級カタログ事業とは、弊社の強みの6色印刷を利用した高級カタログを作る事です。
高級カタログは、お客様が商戦を勝ち抜く勝負ツールであり、お客様のブランドを確立する為の重要アイテムです。そこで、弊社は、「お客様がコンペチターに圧倒的に勝てるカタログを提供する」をコンセプトにプロジェクトを立ち上げ推進しております。最終的にはお客様のブランド構築支援事業として発展させ、広報PR・会社案内・社内報等トップのメッセージを社員・世の中へ発信していく支援を通じ、お客様のブランド価値を上げて参ります。

そのブランド構築支援事業の一環として、6色高級カタログが有ります。6色を支持して頂いているお客様は、商品にこだわりが有り、競争環境が激しく常にしのぎを削っていて如何にブランドを高めていくかを考えておられます。そこで、今までは「6色印刷の美しさ訴求」を弊社はしておりましたが(4色よりきれいですから採用してください)今年からは美しさだけではなく、ノウハウ(制作システム・デザイン・6色を生かす撮影・企画)を加え活動をしております。「カタログは、営業マンの様にはしゃべれません。またカタログの宿命としてお客様のコンペチターのカタログと比較されます。私共、土山印刷はお客様の商品に対して、技術的な向上等は出来ませんが、コンペチターのカタログと比較させた際に、色や中味の差でカタログを見て頂く方の記憶に残り、興味を引くカタログを作る事が出来ます」つまり、商品のブランド力向上の第一歩です。まずは、カタログを通じ、商品に対する企業メッセージを伝える事です。次に、企業メッセージそのものを伝える広報・PRツールを通して、お客様のブランド価値を更に向上させて参ります。
お客様のブランド価値を高めるパートナーとして、リスペクトされる企業を志しています。

大きな話をしますと、今日の日本は、経済力でGDP世界3位になり、BRICs・ASEANの台頭・今後も人口減少等により経済大国ではなくなる可能性が有る一方、かつてアメリカに経済大国の座を譲ったヨーロッパ諸国は、ブランド価値を上げることで活路を見出し、ブランド力を中心に独特の存在感を示しています。
私は日本も独自のブランド立国にする事が大切だと考えます。そこでブランド立国日本を支える企業へ⇒ブランド構築支援に特化した企業へ弊社も変貌を遂げようとする第一歩が、今回ご紹介した6色高級カタログ事業です。
土山印刷営業本部は現在ブランド向上を目指しているお客様と、6色高級カタログを通して共にブランド向上を追求しようと活動しております。ご興味をお持ちの企業様はお気軽にお問合せください。

pagetop
コミュ commu 京都発!土山印刷のWebマガジン 土山印刷株式会社WEBサイトへリンク お問い合せ