コミュ commu 京都発!土山印刷のWebマガジン

SFA (Sales Force Automation) 活動のご紹介。
Back number
バックナンバーを読む

SFA (Sales Force Automation) 活動のご紹介。

2013.9.15 September vol.90
TPN室
サービス部門 1多品種でしかも小ロット、品質は最高レベルの検品 一貫した品質保証管理システム 2高品質の印刷物、品質管理について お客様の手元に届いて、評価されてはじめて品質が決まる。 3特集 小ロットDMへの対応 どのようなオーダーにも品質優先で工程を設計。人手を惜しまないことが効率化と高品質につながっています。 4特集 突然のDM受注。厳しい納期を守るために 綿密なスケジュール調整と一貫した工程管理がカギ。お客様の要望には必ず応えます 5特集 納期がきびしい訂正シール対応 シール印刷から貼り込み作業までスケジュールと人員の管理をして全社をあげて納期を守ります。 6特集 大きさがさまざまな印刷物のセット 確認作業の徹底、セットから梱包、配送に至るまでの品質重視で多種小ロットに対応しています。 7特集 土山品質 「土山品質」は当社の誇りであり武器です。社員の熱い思いと管理システムをもって取り組んでいます。 8特集 多様化する用紙ニーズに応えるために 再生紙から「FSC認証紙」へ。地球環境を意識し、お客様のニーズに対応する用紙提案を行っています。 9特集 協力会社の手配 社内で対応できないと判断した場合、納期はもちろん、協力会社の品質レベルや管理体制を考えたうえで依頼しています。 10特集 製造受注を強化 メディアの多様化に伴い印刷は減少傾向。製造本部としては受注を強化するために3つの取り組みを始めています。 11特集 ユニバーサルデザインを推進 誰にとっても分かりやすいユニバーサルデザイン。このたび点字カレンダー作成に取りかかりもうすぐ完成する予定です。 12特集 一元管理による品質保証 入稿から納品まで責任を持って管理。最良の製品に仕上げるため品質を重視し迅速でスムーズな工程を組んでいます。
13特集 ソリューション営業の実践 お客様とのコミュニケーションを図りながら問題解決のためのさまざまな提案をする「ソリューション営業」を実践しています。 14特集 出荷情報/在庫情報システムの活用 お客様を第一に考えてデリバリー品質の向上と在庫の徹底管理に取り組んでいます。 15特集 【MOTOYA COLLABORATION FAIR2009】に出展しました 16特集 JP2009 情報・印刷産業展に出展いたしました 17特集 第31回三谷情報フェアに出展|三谷産業株式会社様より、情報フェア出展のお誘いをいただき、7月9・10日の2日間の日程で出展参加させていただきました。 18特集 ロゴQの提案事例 19特集 動画を活用したビジネスブログ展開 20特集 品質意識とKY活動 21特集 クリエイティブビジネスマーケットに出展しました 22特集 2010年 総合カタログプロジェクトで新規開発 23特集 講演「今、求められるDMとは?」 24特集 カタログ診断について
プリプレス 25特集 新規開発プロジェクトに取組む土山印刷営業部です 26特集 高品位印刷の営業について 27特集 スイッチングコストの壁を破る 28特集「JUMP近畿2010」にて講演いたしました 29特集 新年のご挨拶 30特集 新年のご挨拶 31特集 6色高級カタログ事業の紹介 32特集 情報整理支援事業のご紹介 33特集 Beyond Centuryの土山印刷にTPNが登場しました。 34特集 SFA (Sales Force Automation) 活動のご紹介。

新しい表現を加えて、新しい価値を創りだす。それが、TPN(トータルプランforネクスト)という考え方です。

ご承知の通り、近年、情報通信技術 (ICT) の進歩は目覚ましく、私たちの生活に大きな変化をもたらしております。特にコミュニケーション分野においては、SNSやクラウドサービスなどの登場によって、地域や世代を超えた情報伝達が、「即座に」そして「広範囲に」、場合によっては「情報量を問わず」行えるようになりました。

このような社会環境の変化の中で、当社においても営業の生産性向上と効率化を図るべく、今年7月にSFAを導入しました。
今回は、SFA導入と活用に関する一連の活動についてご紹介します。

● SFAとは
活動のご紹介の前に、SFAとは何かを簡単にご説明します。

SFAは、情報通信技術(ICT) を駆使して営業の生産性向上・効率化を図る「営業支援システム」と定義付けられています。 具体的には、「顧客や案件の情報」や「営業メンバーの活動状況」などの、営業活動に重要な情報をデータベース上に集約・共有化を図ることによって、全員で活用するシステムといえるでしょう。 情報の集約・共有化によって、営業活動の高位平準化を果たすことが最終的な目標です。

●導入の目的
経営・管理・担当者の各層で、以下のような様々な効果が期待できると考え導入しました。

・経営層:現場のやり取り、経過等の状況の更なる把握
    :リアルタイムに実績等の情報を把握
    :現場の声をさらに聞くための場
・管理職:担当者の対応履歴とその変化を正確かつタイムリーに把握
    :活動の計画・実績の情報収集と集計の負荷軽減
    :ターゲットへの活動管理と適切な指示・指導の補助
・担当者:お客様への対応漏れ、遅れを未然に防ぐ
    :報告のタイムラグを減らし、現場指示のスピードアップ

苺

入力マニュアル

●導入後の活動と効果
最初の2カ月間で、営業メンバーへのデータ入力方法と活用方法の周知活動や、活用目的に合わせたシステムのカスタマイズとマニュアルの作成等を行いました。

導入後3ヶ月で、営業メンバー全員が日々の活動や、顧客と案件情報の入力を行い、日報の電子化を実現しました。

分析機能を当社向けにカスタマイズすることにより、案件の進捗状況や個人の活動状況を共有することが可能になっています。

入力する情報量を増やしていくことが、情報の質を高めることにつながり、更なる「高品質」で「確実」かつ「スピード感」あふれる営業活動の推進に寄与していくものと期待しています。

苺

SFA画面

pagetop
コミュ commu 京都発!土山印刷のWebマガジン 土山印刷株式会社WEBサイトへリンク お問い合せ