コミュ commu 京都発!土山印刷のWebマガジン

グルメレポート 京都名店探訪! 行ってきましたこんなお店

2012.3.15 March vol.73
Back number
バックナンバーを読む
冨田屋(とんだや)

冨田屋(とんだや)

推薦・レポート 丸山哲秀

老い松が見える能が舞われた特別なお座敷に座ってお食事を頂けます。

八寸、白酒

鯛と鮪の手まり寿司

大根炊き

ぶぶづけ弁当

蛤の白味噌仕立てのお吸い物

苺

「お抹茶と引千切(ひちぎり)餅

「お抹茶と引千切(ひちぎり)餅

堀川北山を西へ行ったところにある美味しいおそば屋さんに行ってきました。
2012年2013年に続いて、今年発表された2014年のミシュランに一つ星で3年連続掲載された、ご夫婦で始められて10年目のお店です。
石臼引きの自家製粉の美味しいそばを味わいたくて、また来てしまいました。

注文してそばが出てくるまでの間も楽しいものです。
まず、おかみさんが上賀茂で採れた「落花生を茹でたもの」を出してくれました。
落花生の産地 千葉でしか食べられない。という話を聞きましたが、みずみずしい食感は初めてでした。

「焼きみそ」はくるみ・ゆず・大葉・ネギ・そばの実が入っており香ばしい香りと食感が楽しいものです。

「出し巻き」はごま油の香りがして、柔らかく優しい味わいです。
フリルレタスに添えられた大根おろしが、出し巻きの味を引き立てます。

「鴨塩焼き」 脂が程よく乗って、ワサビをつけて食べると香ばしさと共に美味しさが口のなかに広がります。

さて、お待ちかねのそばがやってきました。

「鴨なんばん」は厚めに切った鴨と焼いた白ネギとそばの相性はバッチリ!
器も厚みのある山中塗りでお店の特注品だそうです。

「おろし辛み大根そば」は、辛み大根おろしが効いてそばがすすみます。
おろしを入れてある器は、京都の陶芸家の作だそうです。

「鴨せいろ」は鴨と白ネギの入った熱い汁にそばをつけていただきます。
厚く切った鴨に満足。みずみずしいそばも食欲をそそります。

さあ、「そば湯」が出てきました。鴨せいろはつけ汁をそば猪口に入れ直してそば湯を注ぎます。
とろみのあるそば湯は体が温まります。
辛み大根そばのつけ汁でいただくそば湯は、大根の風味が効いて鴨せいろのそば湯とは違う趣のそば湯になります。

仕上げは「そばがきぜんざい」。
ぜんざいというと椀物を思い浮かべますが、お皿にそばがきと小豆の煮たものがのっているのを食べるのは初めてでした。そばがきと、あっさりとした甘さの小豆(丹波大納言)とそばの実を一緒に食べると、小豆 一粒ずつがしっかりしており、そばの実が“プチッ”としてアクセントになっておいしいです。

もちろんおそばはみずみずしくて申し分なし!
温・冷とも出汁もおいしくて、さすがミシュラン。という満足できるものです。

今回は晩秋の北山通りの良い雰囲気の中で、美味しいお蕎麦を食べられてよかったです。

店名 おがわ
営業時間 [昼]11:30〜15:00
[夜]17:30〜19:00
(昼夜とも売り切れ次第終了)
定休日 水曜日の夜、木曜日(祝日の場合翌日) (昼夜とも売り切れ次第終了)
TEL 075-495-8281
住所 京都府京都市北区紫竹下芝本町25
交通 地下鉄烏丸線 北大路駅徒歩20分
地下鉄烏丸線 北山駅徒歩15分程度
京都市バス バス停上堀川徒歩5分(9、37、北8、北1)
京都市バス 下緑町徒歩1〜3分(北1、北8)
北大路駅から999m

大きな地図で見る
pagetop
コミュ commu 京都発!土山印刷のWebマガジン 土山印刷株式会社WEBサイトへリンク お問い合せ