コミュ commu 京都発!土山印刷のWebマガジン

SFA (Sales Force Automation) 活動のご紹介。
Back number
バックナンバーを読む

SFA (Sales Force Automation) 活動のご紹介。

2013.9.15 September vol.90
TPN室
サービス部門 1多品種でしかも小ロット、品質は最高レベルの検品 一貫した品質保証管理システム 2高品質の印刷物、品質管理について お客様の手元に届いて、評価されてはじめて品質が決まる。 3特集 小ロットDMへの対応 どのようなオーダーにも品質優先で工程を設計。人手を惜しまないことが効率化と高品質につながっています。 4特集 突然のDM受注。厳しい納期を守るために 綿密なスケジュール調整と一貫した工程管理がカギ。お客様の要望には必ず応えます 5特集 納期がきびしい訂正シール対応 シール印刷から貼り込み作業までスケジュールと人員の管理をして全社をあげて納期を守ります。 6特集 大きさがさまざまな印刷物のセット 確認作業の徹底、セットから梱包、配送に至るまでの品質重視で多種小ロットに対応しています。 7特集 土山品質 「土山品質」は当社の誇りであり武器です。社員の熱い思いと管理システムをもって取り組んでいます。 8特集 多様化する用紙ニーズに応えるために 再生紙から「FSC認証紙」へ。地球環境を意識し、お客様のニーズに対応する用紙提案を行っています。 9特集 協力会社の手配 社内で対応できないと判断した場合、納期はもちろん、協力会社の品質レベルや管理体制を考えたうえで依頼しています。 10特集 製造受注を強化 メディアの多様化に伴い印刷は減少傾向。製造本部としては受注を強化するために3つの取り組みを始めています。 11特集 ユニバーサルデザインを推進 誰にとっても分かりやすいユニバーサルデザイン。このたび点字カレンダー作成に取りかかりもうすぐ完成する予定です。 12特集 一元管理による品質保証 入稿から納品まで責任を持って管理。最良の製品に仕上げるため品質を重視し迅速でスムーズな工程を組んでいます。
13特集 ソリューション営業の実践 お客様とのコミュニケーションを図りながら問題解決のためのさまざまな提案をする「ソリューション営業」を実践しています。 14特集 出荷情報/在庫情報システムの活用 お客様を第一に考えてデリバリー品質の向上と在庫の徹底管理に取り組んでいます。 15特集 【MOTOYA COLLABORATION FAIR2009】に出展しました 16特集 JP2009 情報・印刷産業展に出展いたしました 17特集 第31回三谷情報フェアに出展|三谷産業株式会社様より、情報フェア出展のお誘いをいただき、7月9・10日の2日間の日程で出展参加させていただきました。 18特集 ロゴQの提案事例 19特集 動画を活用したビジネスブログ展開 20特集 品質意識とKY活動 21特集 クリエイティブビジネスマーケットに出展しました 22特集 2010年 総合カタログプロジェクトで新規開発 23特集 講演「今、求められるDMとは?」 24特集 カタログ診断について
プリプレス 25特集 新規開発プロジェクトに取組む土山印刷営業部です 26特集 高品位印刷の営業について 27特集 スイッチングコストの壁を破る 28特集「JUMP近畿2010」にて講演いたしました 29特集 新年のご挨拶 30特集 新年のご挨拶 31特集 6色高級カタログ事業の紹介 32特集 情報整理支援事業のご紹介 33特集 Beyond Centuryの土山印刷にTPNが登場しました。 34特集 SFA (Sales Force Automation) 活動のご紹介。

新しい表現を加えて、新しい価値を創りだす。それが、TPN(トータルプランforネクスト)という考え方です。

●そもそも、ブランドとは?
自社とコンペティター商品・サービスの差別化であり、消費者から見た場合の識別で、また、ブランドは、消費者の心象に存在します。

●ブランドの起源は?
イギリスでは、放牧している家畜に他人の所有物と区別するために焼印を押していました。
その区別が差別化につながり、ブランドができあがったことに由来します。

●土山マーケティングカンパニーのブランド構築支援
ブランド構築支援とは、商品に対し、企業側の「こう思われたい(ブランドアイデンティティ)」と消費者側の「こう思う(ブランドイメージ)」をイコールにする活動、または、ギャップを埋める活動をさします。
例えば、ブランドイメージが、企業側は「美味しいお茶」と思われたいに対し、消費者側が「安いお茶」であるとすると、このイメージの差に着目をしていきます。

手法としては、3C分析・STP分析・ペルソナ分析から優れている部分を抽出し、4P・4C分析を経て、正しい消費者に刺さるブランドアイデンティティを決めます。
そのファシリテートをするのがブランドマネージャーです。
そして、ペルソナ(仮想最購買候補)の日常行動からメディア接点を想定し、ブランドイメージに対する刺激策を提案いたします。
ここまでは通常の活動ですが、上記に加えて、
 ・ブランドを価値と考える
 ・ブランド価値の構成要素を物理的価値と情緒的価値に分類する
これが、当社のブランド構築支援の最大の特徴です。

例えば、スターバックスコーヒーについて
物理的価値:コーヒーを提供すること、情緒的価値:落ち着けるスペースを提供すること、コーポレイトアイデンティティ:サードプレイスになります。
つまり、自宅でもないオフィスでもない第三の場所の提供です。この情緒的価値に焦点をあて、ブランドマネージャー以外に、ブランドパートナーが情緒的価値を高める役割を果たすことが、最大の特徴になります。
当社の考えとして、セールス=売る仕組み、マーケティング=売れる仕組みがあって、売ろうとするのではなく、買おうとする仕組みを作ることに重点を置きます。その中心に位置するのが、ブランドパートナーです。ブランドパートナーは、Know How + Know Whoにより情緒的価値を最大限に引き上げる役割を担います。

マーケティング3.0、という考え方があります。
1.0=プッシュ型営業 ⇒ 2.0=プル型営業 ⇒ マーケティング3.0=対話重視型
しっかりと、ブランドマネージャーとブランドパートナーが、各企業のブランド構築に対する的確な提案をマーケティング3.0に重点を置きお約束いたします。

今回のメールマガジンでは、当社のブランドパートナーである千根氏をご紹介いたします。
是非、情緒的価値を最大限に引き上げるブランドパートナーの特集をお楽しみください。
ブランド価値は、企業戦略⇒マーケティング戦略⇒ブランド戦略の核を成すもので、今後、消費行動が複雑化する中で増々重要性を増してきます。
是非ともご関心をいただき、お問い合わせをお待ちしております。

以上



有限会社イング 代表取締役(アートディレクター)千根利明様より、このたびは、当社のWebマガジンCommuへ「ブランド構築について」ご寄稿いただきました。ご紹介させていただきます。

消費者を引きつける魅力を持つ企業になろう
様々な企業にお邪魔し、お話しを伺っていると「どうすれば売れますか?」とよく聞かれます。
まず、そこで感じるのは消費者とのギャップがあるのではないかということです。売れていた物を追いかけることに必死でお客様の求めるものと誤差がでてしまっているケースがよく見受けられます。
また、今の消費者は広告に慣れてしまっています。
売ろうとすればするほど逃げるそんな心理なのではないでしょうか。ご自身も洋服などを購入する時に経験ありませんか?自分では似合ってないとわかっているのに店員さんが「お似合いですよ」「私も持っていますが、とてもいいですよ」と言われて不信感を抱いた事。それと同じ事です。
買いたいなという雰囲気を作ってあげる事、親身になってあげること、そして、信頼関係が必要です。ターゲットにあった商品を見つけ出し、商品の情報を惜しみなく提供する。それにまつわる人々の苦労や歴史などの背景を語る。ここで重要なことは商品を見つけ出すときに「売れている物を追いかけるのではなく、売れるものを探し出す」ということです。商品に夢をのせて語ることで商品の価値は上がります。商品と価格だけではどれだけの手間が掛けられているのか一般の方はわかりません。そうすると必然と価格だけで判断せざる終えなくなるのです。それでは価格をどんどん安くするしか方法が見つからなくなってしまいます。それは負のスパイラルへの突入に値します。
では、よい商品をみつけるにはどうしたらいいのか。
それは人を育てる事です。今はアルバイトや派遣で人材の育成が乏しい企業が殆どです。しかし、成功している企業は人材の育成をしっかりしています。個々に仕事に対する責任を与えています。社員は道具や駒ではなく、パートナーです。敬意と尊厳をもって接することが大切です。個人を尊重することによって個々も学習しますし、スキルもレベルアップします。顧客にも様々な人がいます。自分の考えだけを尊重してもターゲットと一致しないことも多くあります。社員の意見も聞く事も大切です。あなたの願いを実現させる答えは自分の中になく相手の中にあるかもしれません。また、B to Cでも同じ事がいえます。顧客の声を聞く事です。売りつけるのではなく、欲している物を察する。
そこからオリジナリティが生まれてくるのです。CI(企業らしさ)、BI(ブランドらしさ)、PI(商品らしさ)が相まって独自性が見出されます。それが消費者にとってのベネフィットへ繋がっていくと考えます。

以上

【千根利明氏 ご略歴】
 有限会社イング 代表取締役(アートディレクター)
 ・1948年 東京都渋谷区生まれ
 ・1971年 デザインオフィス入社
 ・1974年 同社退社後、あっぷるはうす設立
 ・1977年 LDデザイン事務所設立
 ・1979年 イングリミテッド設立
 ・1992年 西麻布内儀屋OPEN
 プロジューサーとして、数々の賞を受賞し、有限会社イング設立時より、
 大手服飾メーカーを中心に広告事業を幅広く手掛ける。
 現在は、服飾、飲食業、スパ、スポーツクラブ、学校関係、ショッピングモール等
 幅広くプロデュースを展開している。

pagetop
コミュ commu 京都発!土山印刷のWebマガジン 土山印刷株式会社WEBサイトへリンク お問い合せ