コミュ commu 京都発!土山印刷のWebマガジン

グルメレポート 京都名店探訪! 行ってきましたこんなお店

2014.2.15 February vol.95
Back number
バックナンバーを読む
京の焼肉処「弘」

京の焼肉処「弘」

推薦・レポート 真鍋 廣子(株式会社マーケティングプリウス)

青々とした竹が広がるお庭を店舗中央に配し、「おしゃれ」で「新しいけど侘びさび」を感じさせる焼肉処。

京都駅1番出口から歩いて5分、という立地条件を生かし、『京都の焼肉文化を京都の玄関口から皆様へ』がコンセプト。
青々とした竹が広がるお庭を店舗中央に配し、「おしゃれ」で「新しいけど侘びさび」を感じさせる焼肉処です。

厳選したこだわりの良質黒毛和牛、すべて一頭買いであるという安心感をモットーに納得しながら、まずは、お店のお薦めの「和牛ユッケ」からスタートしました。
ご存知のように、調理・販売許可がないとお店に出せない逸品です。
卵の黄身、醤油と肉の絶妙な甘みで、ひと口食べると思わず笑みがこぼれます。
(コース料理には付いていません)

今回は、コース料理(6,000円)でお願いしました。
前菜に、炭焼きタタキと野菜サラダ、手作りキムチの盛り合わせ。
もちろん、野菜にもこだわりが。
亀岡にある契約農家「にこにこ農園」より直送の野菜だそうです。
ポン酢のジュレと新鮮な野菜がよくあいます。

煮物に、ホルモンの煮込み。
柔らかく煮込んであり、食欲を増進させます。

ここから、第一のメイン「塩焼き」

  • タン(舌):軽く焼いてレモンを絞って
  • 九条ネギに薄切りのもも肉が巻いてあり、軽く焼いて、ポン酢のジュレとともに
  • ウチヒラ(もも肉):塩だれに付け込んであり、こげないよう焼いてそのままで
  • チマキ(すね肉):ネギダレをのせてしっかり焼いて
  • 究極のロース:さっとあぶり、にんにくをのせて(あまい!)
肉の部位の特長にあった、かつ、違った味で楽しむことができるよう工夫されています。

箸やすめに、旬のスティック野菜に肉味噌をつけていただきました。
この野菜も、「にこにこ農園」より直送の野菜だそうです。
こぼう、ブロッコリーとカリフラワーから作った「ロマネスコ」(珍しい!)、かぶ、紅芯大根。
どれもみずみずしい野菜で、さっぱりといただけました。

次に、第二のメイン「たれ焼き」

  • カルビ
  • ロース
  • ホソ(腸)
  • 壺漬けドラゴンカルビ
つけだれが、非常においしく、焼肉の醍醐味が味わうことができました。

いよいよ締め物です。
石焼ビビンバ、冷麺、テールクッパより選択します。
どれもおいしそうで全部食べたい!本当に迷いどころ(笑)
複数で行かれた場合は、シェアもお薦めです。

最後にデザートです。(別腹、別腹)
ミルクプリンで、最後をさっぱりと締めくくりました。

お客様の笑顔があふれ、目で、耳で、舌で楽しめた焼肉処でした。
おいしい肉を楽しみたくなったら、ぜひ足を運ばれてはいかがでしょか?

店名 京の焼肉処「弘」京都駅前店
営業時間 14:00〜24:00(L.O.23:00)
定休日 無休(12/31・1/1除く)
住所 〒601-8212 京都市下京区塩小路東洞院上る塩小路町510-1
交通 JR京都駅 一番出口より徒歩5分
URL http://www.yakiniku-hiro.com/kyoto.php
TEL 075-343-4129

大きな地図で見る
pagetop
コミュ commu 京都発!土山印刷のWebマガジン 土山印刷株式会社WEBサイトへリンク お問い合せ