RGB印刷

土山印刷ではCTPが導入された年から本格的な高品位印刷に取り組みはじめました。高品位印刷にはFMスクリーニング、高精細印刷、広演色印刷、特殊加工などがあり、日々品質向上への努力を続けております。
社会生活の中で、デジタルカメラ・パソコン・カラープリンタ・デジタルテレビなどRGBで表現されるものが多くなってきており、印刷の色再現領域においてもより高品質なものを求められる時代になってきております。

最新の6色印刷機を導入

RGB印刷

土山印刷では2008年8月に最新の6色印刷機を導入いたしました。通常のCMYK4色では表現できない品質を2色を増やしたことによって、RGB印刷やその他の特殊印刷が可能となりました。
たとえば、

  • ・ヘキサクローム(黄+紅+藍+墨+オレンジ+グリーン)
  • ・CMYK4色+ヘキサクローム(オレンジ+グリーン)
  • ・CMYK4色+特色+特色
  • ・CMYK4色+特色+ニス
  • ・CMYK4色+ニス+ニス

などの組み合わせをワンパス(1回通し)で行なうことができます。メリットとしてはワンパスで印刷ができるということです。4色印刷機では6色を印刷しようと思うと2回通さなければならず、紙が伸縮する恐れがあり、それによって見当がズレる可能性もあります。

これらを解消しワンパスで6色を刷れるので、正確に精度の高い印刷を行なうことができます。 さらに、ワンパスになることによって1度の手間ですむ為、効率化を図ることができます。作業効率を上げることは納期の短縮やコストダウンにも繋がります。

FMスクリーン

RGB印刷従来印刷で使用されてきたAMスクリーンよりも微小網点(マイクロドット)で構成され、画像の濃度に比例した数だけランダムに配置されております。網点に規則性がないので、モアレ・ロゼッタが発生せず、色調が鮮やかで高解像度の印刷を再現することができます。

ヘキサクローム印刷

RGB印刷

ヘキサクロームとは1995年米国パントーン社が開発した6色による印刷プロセスのことで、従来の4色(CMYK)では表現しきれなかった、より鮮やかで、発色のよい印刷技術のことです。

CMYK(藍、紅、黄、黒)の4色にOG(オレンジ、グリーン)を加えたもので、数値換算で4色印刷時の約2倍の色域表現が可能になりました。ヘキサクロームにより写真などがこれまでより鮮やかに印刷できるようになります。デザイナーの意図した色のままに、美しい色を再現することもできます。

またヘキサクローム印刷では、CMYKOGの色領域がRGBに非常に近いため、印刷物の色で今まで表現が難しかったRGBに近い色再現が可能となりました。

お問い合わせ

上記のサービスについてのお問い合わせ・お見積もりのご依頼は、下の「メールフォーム」もしくは「お電話」にてお願いいたします。
後ほど折り返し担当者よりご連絡を差し上げます。

  • メールフォームからお問い合わせ
  • お電話でお問い合わせ:075-312-1321

印刷サービス メニュー

印刷通販プリントプリウス
カタログ印刷・チラシ印刷などのオフセット印刷通販をお求めの方はプリントプリウスへ!

border

土山印刷のウェブマガジン
月1回発行のウェブマガジン。土山印刷のサービスや技術の紹介や京都の祭事やグルメ情報が満載!

総合カタログ制作

カタログ診断サービス

調達行動基準 / 調達基本方針