楽しいアイデアを出して魅力を引き出す仕事

本多 悠

プリンティングカンパニー

製造管理グループ
工務 係長 2019年入社

インタビュー

INTERVIEW

Q1

今している仕事はどんなことですか?

営業が受けてきた仕事を社内や社外に振っていく仕事をしています。指図書の作成から始まり、製造設計し工程を組みます。その後も各部署や仕入れ先へ指示し、製造過程全てに携わっています。時には製造についてお客様や営業から相談を受けることもあります。
製造についての知識をつけることはもちろん、アイデアを出し、より良い商品をいかにコストを掛けずに製造するかということも重要な役割です。
Q2

土山印刷に入社を決めた理由は?

転職時は業界関係なく探してましたが、過去にも印刷関係の仕事に携わっていました。転職先を探して行く中で、印刷関係の仕事なら自分の力を発揮できるのではないか、と考えました。
その中で土山印刷に出会い、土山印刷自体が何か変わる、変えようとしている雰囲気を感じたのが一番の決め手になりました。私自身の力をもって協力出来れば、楽しくなる・変えることができるのではないかと思い入社を決めました。
Q3

仕事のやりがい、魅力は何ですか?

自分の思い描いた通りに商品が出来上がる事に魅力があります。
例えば、お客様の希望する期日までに納期ができた、よりコストを抑えた商品が作れた、お客様が求める物以上の商品を納められた…などです。ただ作るではなく、いかに作るかで仕事は楽しく魅力的になると感じています。
Q4

土山印刷の社風や人間関係はどうですか?

まず人を助ける風土があると感じます。私も周りのスタッフとフォローをし合っています。人間関係も、職場に笑い声も聞こえますし、私自身雑談して笑って仕事しています。(もちろん仕事はちゃんとしています。)
社内のイベントもありますので、その様な場所で他部署とコミュニケーションを取れる環境で、仕事もやりやすいと思います。
Q5

仕事で大切にしていることは何ですか?

「+α」これを大事にしています。
相手が欲している事に対して、もう一つ別の目線のアイデアを出せるよう心掛けています。毎回その「+α」を出せている訳ではありませんが、1つの目線に執着せず、別目線を出せばそこからまた別のアイデアが生まれるのではないか、と考えてます。楽しいアイデアを出せる人を目指しています。

1日の流れ

8:30出社

9:00進行案件の工程確認

自分の制作した進捗表を基に、現在動いている案件を把握し一日の動きを大まかに設定します。

10:00下版打ち合わせ

これから下版される案件を営業と共に仕様等の確認をします。

11:00仕様設計

下版された案件を、どのように、どこで製造するか決めます。

12:00昼食

13:00仕様設計

午前中行っていた仕様設計を細かくつめます。

14:00仕入れ先との打ち合わせ

依頼する案件の仕様などを打ち合わせし、製造依頼を行います。

15:00仕様設計

パソコン上に仕様を登録し、次の下版に備えます。

16:00輸送の段取り

現在動いている案件の横持の指示を行います。

17:00明日以降の工程確認

下版予定の案件と明日以降の自分の動きを確認します。

18:00退社