公開日: 2021年9月15日 - 最終更新日:2021年9月15日

印刷用語解説:高演色性

土山印刷 公式土山印刷 公式
  • シェア
  • twitter

高演色性

演色性とは、光がものを照らすことによって、ものの色の見え方が変わることを指した言葉です。

例えば、同じりんごでも、太陽光の下で見たりんごと、蛍光灯の下で見たりんごでは、色合いの感じが違って見えるでしょう。太陽光の下では黄色い車と白い車は違って見えますが、トンネルの黄色い光の中ではどちらも同じ色のように見えます。このように、光によって同じものでも色の見え方というものはまったく異なって見えるわけです。

JIS規格では演色性の基準を太陽光とし、太陽光の下見える色合いに近ければ近いほど「演色性が高い」、遠ければ遠いほど「演色性が低い」と定義してします。土山印刷では社内のライトとして太陽光に近い高演色性のLEDライトを採用しており、これによって印刷物の色合いが見る場所によって変わってしまうことを防いでいます。

  • シェア
  • twitter
The following two tabs change content below.
土山印刷 公式

土山印刷 公式

土山印刷株式会社は京都府に本社を構える印刷会社です。
土山印刷では紙の販促物を使って営業力を強化したいお客様のお手伝い・サポートを行っております。

カテゴリー

月別アーカイブ