公開日: 2021年4月12日 - 最終更新日:2021年4月12日

印刷用語解説:折丁

土山印刷 公式土山印刷 公式
  • シェア
  • twitter

折丁とは

書籍を作るときに、多くの場合本文のうち複数ページが1枚の紙に入るように印刷を行います。最も多くの場合は16ページを1枚にまとめますが、4ページや8ページ、32ページの場合もあります。

このような複数ページのかたまりは折りたたむことで書籍ができるため、これを「折丁」と呼びます。

例えばA4の冊子を作る時は、16ページ分をA全判(625x880mm)などの用紙に印刷します。

16ページ折丁の例(表)
16ページ折丁の例(裏)

16ページであれば、折丁は画像のように折りたたまれます。

 

 

このように作られた折丁は複数重ねられて、各折丁の背部分(これを『背丁』と呼びます)を糊や針金で止められます。そして、折りがつながった部分「袋」を切ることで、本文が完成します。縦書きの右綴じ書籍は、折丁の下に袋ができるため「地袋」、横書きの左綴じ書籍は画像と反転した折丁の上に袋ができるため「天袋」と呼ばれます。

このように折丁を重ねて本文を作るために、基本的に書籍の本文は折丁の最小単位である4ページ及びその倍数のページ数になっています。

 

乱丁・落丁って?

書籍の最後のページに、よく「乱丁・落丁本はお取替えいたします」などと書かれていることがありますよね。でもなぜページの順番がめちゃくちゃになっているのが「乱丁」、頁が抜け落ちているのが「落丁」なのでしょうか。

本は折丁を重ねて作るため、折丁の順序が入れ替わっていたり、折丁がまるまる抜け落ちている、というミスを起こすことがあります。そのため、折丁の順序が入れ替わるとページ順が入れ替わることを「乱丁」、折丁が抜けてしまうことを「落丁」と呼びます。

  • シェア
  • twitter
The following two tabs change content below.
土山印刷 公式

土山印刷 公式

土山印刷株式会社は京都府に本社を構える印刷会社です。
土山印刷では紙の販促物を使って営業力を強化したいお客様のお手伝い・サポートを行っております。

カテゴリー

月別アーカイブ