公開日: 2021年10月29日 - 最終更新日:2022年3月24日

印刷用語解説:紙の目(紙目)

土山印刷 公式土山印刷 公式
  • シェア
  • twitter

紙の目(紙目)

紙の目(紙目)とは、用紙の繊維の方向を表したもので、用紙の抄造によって発生します。

紙の繊維が用紙の長辺に平行である場合、それを「縦目」と呼び、短辺に平行の場合はそれを「横目」と呼びます。

縦目や横目は特に製本や折り加工の時に重要になります。

用紙の繊維の方向が折り目と直角になっていると、その印刷物はきちんと折れず、折り加工の際にインキがひび割れたように剥がれる「背割れ」という現象が起こりやすくなってしまいます。

また、冊子印刷の場合、ページをめくる際に自然と曲がらない本ができ、ページがめくりづらくなってしまいます。

  • シェア
  • twitter
The following two tabs change content below.
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

カテゴリー

月別アーカイブ