公開日: 2020年12月22日 - 最終更新日:2020年12月22日

印刷用語解説:オフセット印刷

土山印刷 公式土山印刷 公式
  • シェア
  • twitter

オフセット印刷

オフセット(Offset)印刷とは、版につけられたインキをゴムでできた「ブランケット」というローラーに一旦転写(Offset)し、さらに「ブランケット」を用紙に押し当てることによって印刷を行う技術のことです。

オフセット印刷では版がダイレクトに紙に触れないために磨耗が起こりづらく、安定した品質で大量の印刷が可能という特徴があります。現代のオフセット印刷には、アルミから作られた版に印刷データを直接焼きつけ、それを使って印刷するCTP(Computer to Plate)という技術が多く使われています。

オフセット印刷は現代のほとんどの商業印刷で利用されています。オフセット印刷はオンデマンド印刷と比較して高精度高品質の印刷物を大量印刷することに向いており、中量~大量部数の印刷を行うことに向いています。

  • シェア
  • twitter
The following two tabs change content below.
土山印刷 公式

土山印刷 公式

土山印刷株式会社は京都府に本社を構える印刷会社です。
土山印刷では紙の販促物を使って営業力を強化したいお客様のお手伝い・サポートを行っております。

カテゴリー

月別アーカイブ