公開日: 2021年11月30日 - 最終更新日:2022年3月24日

印刷用語解説:アート紙

土山印刷 公式土山印刷 公式
  • シェア
  • twitter

アート紙

アート紙とは塗工紙の一つです。

一般的な塗工紙であるコート紙に比べて、およそ2倍量の表面塗工処理がされています。

用紙の表面に用紙の表面にカオリナイトクレーや炭酸カルシウム(石灰)などから作られた白色顔料が塗工されており、つるつるした手触りと光沢感を持つのが特徴ですが、非印刷時にはさほどコート紙と見た目は変わりません。

ただし、アート紙は印刷した場合、コート紙以上に強い発色性を持ちます。そのため、色の再現が重要なカタログや写真集などに使用されます。

  • シェア
  • twitter
The following two tabs change content below.
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

カテゴリー

月別アーカイブ