公開日: 2022年1月28日 - 最終更新日:2022年3月24日

印刷用語解説:SVG(.svg)

土山印刷 公式土山印刷 公式
  • シェア
  • twitter

SVG(.svg)

SVGとは、Scalable Vector Graphicsの略称であり、主にWEBブラウザ上で利用される画像形式です。

SVGの特徴はPNGやJPEGのような、細かい点の集合で画像を構成する「ラスタ形式」でなく、細かな線の集合で画像を構成する「ベクタ形式」を使っていることです。

これによってSVG形式は拡大縮小で画像がギザギザになることがありません。

そのため、アイコン、地図、ロゴマークなどを作るのに適しています。

また、SVGはXMLというプログラミング言語で作られているため、WEBページ内でソースを確認したり、ハイパーリンクを埋め込んだりすることができます。

一方で写真などの複雑なグラデーションが必要なデータをSVG形式で保存した場合、ファイルサイズが巨大になってしまうという欠点があります。

そのため、印刷用画像にはほとんど使われません。

  • シェア
  • twitter
The following two tabs change content below.
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

カテゴリー

月別アーカイブ